2019年8月18日 (日)

台風一過

8月16日(金)☀:台風10号は日本海に抜け北上して比較的被害がなく安堵しました。

 この日は高知医療センターでの定期健診日。2013年10月下旬に「血管内悪性リンパ腫4期」で入院治療が始まり、、抗がん剤治療を8クールで入退院を繰り返し、この間幹細胞移植をして2014年6月に退院後定期的に検診を受けているものです。

 今回の検診は血液検査とCTによる検査となっており、血液検査では左腕から採血が出来ず、右腕からの採血とCT検査の造影剤注入で2か所に針を刺すことに。Dsc00866 20190816k1 20190816k2

 

 幸い再発の兆候はなかったものの、アルコール摂取に赤信号が。落ち込みました。次回は12週後の11月22日の検査となります。

 遅い昼食を久しぶりの「七子豚太郎」で味噌五目ラーメンを。14時を過ぎていたものの結構混雑していました。

 7月に更新手続きしていた運転免許証の交付日で窪川警察署に。3年間の運転を認められましたが高齢者による事故等と言われる事案だけは避けなければなりません。Dsc00865 Dsc00869

 週末故、窪川児童福祉協会・しまんと町社会福祉協議会事務所に立ち寄り、それぞれの事務局長等と打ち合わせを。

 夜には地区の事業である「盆・送り火」を自宅前に灯しました。迎え火を灯した日には台風10号の影響で風が強かったものの、この夜は穏やかできれいな月も眺めることが出来ました。

2019年8月16日 (金)

台風10号が

8月15日(木)☔:台風10号の影響で深夜から早朝にかけて断続的に強風雨が。午前9時半ごろ、五社大橋から上流を望んだ四万十川は褐色で増水していました。

 午前は関係団体の職場等に寄って台風の影響を確認しました。天気予報では強風域に含まれているのに比較的穏やかな日中に。

 窪川児童福祉協会の4保育所は「おかまい保育」の対応を行い、すべてくぼかわ保育所で保育しており、台風を心配してか約250名の園児のうちわずか8名が登園し、保育所長・主任保育士などで手厚い保育となっていました。「おかまい保育」に協力いただいた保護者に感謝です。

 社会福祉協議会はデイサービスは休業とし、ホームヘルプサービスも利用調整の対応でトラブルがなかったようで安心。

 午後は小規模多機能ホーム香月で「しまんとオレンジカフェ」が開かれ足を運びました。ほとんど風雨は無く結構お客さんも来られ和やかな時間を過ごしました。ホットコーヒーに手作りのケーキを美味しくいただきました。

 

2019年8月13日 (火)

大人数のバーベキュー

8月12日(月)☀☁:山の日の振替休日。旧盆ウイークとなり、国道や高速道は車が多いとのニュースも。
 午後は辷道地区内一体感醸成活動事業の一環として「お盆の迎え火・送り火」に使用する竹竿・たいまつづくりに参加。地区内5か所に灯す準備を。

 夕方からは義弟宅で妻の姉妹夫婦とそれぞれの子どもとその子供など30人余りが集まり「大バーベキュー大会」を開催。大人17人・こども16人で大賑わい。肉などを焼く係で大忙し。1年に1回のこの行事がみんなの楽しみに。大阪や広島などから帰省する甥・姪家族との交流も大いに楽しみです。20190812 写真の子供たちは全体の一部です。20190812k2

 台風10号は14~15日に吸収・四国地方に最接近とか。大型台風ゆえ心配ですが日開野ないことを祈ります。

墓掃除を

8月11日(日)☀:月遅れの盆を控え、午前は墓掃除と畦草を刈って汗をかきました。田んぼには少しヒエが生えており、台風10号が通過後には取り払わねばなりません。

 前日のこども高知新聞「レッツ、五・七・五」の俳句入選欄に孫の名前が。この記事は月一回掲載されているようで、今回は特選3作・入選32作が。頑張りを称えたものでした。20190811k

 午後はエアコンをつけてのんびりと。

2019年8月 9日 (金)

発達障害学習会

8月7日(水)☀☁:午前は窪川児童福祉協会と社会福祉協議会事務所に足を運び業務打ち合わせを行いましたが、前日が誕生日だったためこれを知る職員からお祝いとしてスティックコーヒーのプレゼントが。可愛い笑顔にほのぼのとします。

 Dsc00846 午後は四万十町役場東庁舎多目的ホールでの「令和元年度四万十町発達障害学習会」に参加しました。この学習会は「四万十町障害者自立支援協議会」が主催し、高知県療育福祉センター発達障害者支援センターチーフが「子どものしてほしい行動を増やすために~ペアレント・トレーニングの概要」と題して講演とワークを。

 この会には当事者家族・学校関係者・保育関係者・行政・民生児童委員そして福祉団体関係者など約60人が参加し、発達障害を持つ子供たちへの対応などについて学習しました。Dsc00845

 昨年四万十町小中学校適正配置計画策定に向けての学校訪問で、多くの小学校で特別支援学級に所属しないグレーゾーンと言われる発達障害児が多くいる状況を見た場合、家庭環境のあり方に多くの課題があることを感じました。

 数十年前には子供の育成を中心にしてきた家庭が、今では親中心の家庭に変化しており、子どもも生きづらさが発達障害や不登校・引きこもりとなっていると思います。この学習会は高齢者や障害者そして生活困窮者などを対象に進めてきた社会福祉協議会が、人生のスタートである子ども分野に目を向けるきっかけとなります。社会福祉協議会の役割は、生まれて人生を終わるまでの福祉を充実する事として考えればウイングを広げて取り組まねばなりません。

2019年8月 7日 (水)

74歳に

8月6日(火)☔:早朝に台風8号が宮崎市付近に上陸したようで、時折風雨の強い朝となりました。登校日が予定されていた窪川小学校は休校となり、小学3年生の孫NO2が朝から我が家を占拠。

 昼前から家族の通院で高知医大病院に出かけましたが、高知ICから医大までの間は豪雨で運転がしにくいほどに。順調に診察が終わり、16時ごろには帰宅できました。

 8月6日は自分の誕生日。1945年の生まれで74歳になりました。20歳の誕生日には原水禁大会集会で広島市に。そして今年6月には再び広島市を訪れ、リニューアルされた原爆記念館を見学。二度と戦争や人類社会を破壊する行為のない社会を望んだことです。

 平均余命まであと10年程となりましたが、地域のために活動できる時間を大切にしたいと思うこの頃です。そのためにも「老いて益々盛ん」の実践が出来ればと思っています。

2019年7月27日 (土)

メーターが123456km

7月25日(木)☀:午前は高知医療センターに足を運びました。というのは虫歯となっていた左下の奥歯を抜糸しないといけないと町内の歯科医の診断があり、悪性リンパ腫治療後の感染症予防薬を服薬していることを伝えると医療センターでの治療を紹介されたものです。

 医療センターでは口腔外科の診療で、口内のレントゲン撮影後に抜糸を。抜歯時及び抜歯後もあまり痛みがなく一安心。調剤された化膿止めと痛み止め薬をもらって昼過ぎに自宅に。Dsc00826

 この日はやっと梅雨明けとなり、遅い昼食後は冷房の中でゆっくりした時間を過ごしました。化膿止め薬は食後に飲み、痛み止め薬は1回飲んだのみで、あとは時間が癒してくれると思います。Dsc00828

 高知医療センターからの帰途、高速道影野ICを出てR56に入ったとたんマイカーの走行距離が123.456kmに。7年3か月でこの数値ですが年間走行距離にしたら約17.000km。現職で労働組合役員をしたり、退職後NPO活動等で忙しかった時には年間23.000~25.000kmぐらい走行していたことを思うと少なくなったものの、高齢者としては結構な走行距離です。高齢者が交通事故を発生させたと謂われないよう安全運転を心掛けなければなりません。

2019年7月21日 (日)

静かな日曜日

7月21日(日)☔:昨日から小学校は夏休みとなり、孫守りに追われると思っていたものの、孫4人ともが外出し老夫婦のみとなり、参議院選挙投票後には老人クラブ若手委員会の「仁井田倶楽部」が初めて取り組む「モーニングカフェ」に出かけました。

 このモーニングカフェは仁井田倶楽部の今年度総会で企画されていたもので、今月から第3日曜日に開催する事なっていましたが、会場の仁井田町民会館が参議院選挙の投票所となっており、今回は開催場所を障害者支援施設オイコニア避難スペースに変更して行われました。この日は女性の手が不足したとかで、男性が調理をしたりフロアでかいがいしく動き何かアットホームな場面となっていました。

 午後は窪川四万十会館での「トリオ・リベルタコンサート四万十公演」に出かけました。このトリオは2000年に結成され、タンゴ演奏を中心とした活動をしており、7年前の四万十町公演に次ぐものです。

 Dsc00825 トリオは形にとらわれず、オリジナル曲はほとんどなく、各分野の曲を編曲して演奏し、新しい魅力を作り出しているとか。この日はクラシックからシャンソン・映画音楽・タンゴなどアンコールを含めて20曲を演奏し、観客から大きな拍手がなされました。メンバーの一人は四万十町出身で、知人の息子さんでもあり、今後の活躍に期待したいものです。前夜に引き続いて音楽を楽しめたことは幸せです。

義妹の一周忌

7月20日(土)☁☔:大雨の予報が外れ、午前は曇り空に。昨年に亡くなった義妹の一周忌に参列しました。祭事はルミエール四万十で行われ、親族など約40人が参列し厳かに執り行われました。
 20190720k3 その後は自宅近くの墓地に新たに建設した納骨堂に納骨を。八木本家に加え、分家の納骨堂が並ぶことに。雨にも合わず祭事が無事に行われ安堵しました。直会も滞りなく終わり参加者に感謝です。

 夜には窪川四万十会館でのジャズライブ「Kubokawa Music cafe 2019 Special Jazz Session in 四万十会館」に足を運びました。四万十町在住のテナー奏者山地高さん率いるグループの公演。会館のロビーコンサートですが迫力満点。奏者と距離が近いことがベストです。

 20190720k1 1部では夏らしく「サマーナイト」「イパネマの娘」「マシュケナダ」などの演奏とパワフルなボーカルが。そして2部ではセッションが行われ、県内の奏者が入れ替わり演奏を。久しぶりにジャズを楽しみました。生演奏は素晴らしい。

 

2019年7月 6日 (土)

汗をかいた後は楽しい時間に

7月5日(金)☁:6月初めに田植えをした圃場にはヒエなど雑草が生えており、気になっていたので午前中は草引きに圃場に入りました。曇り空と言えども気温は高く、肌も焦げることに。 

 夕方からは5月に実施された「四万十町障害者連盟一泊親睦旅行」のスタッフ反省交流会が「居酒屋:味その」で行われ参加を。事務局職員からは参加者アンケートの結果がペーパーで示され、反省事項と来年に向けた課題や希望を共有することが出来ました。

 この会にはスタッフなど約20人が参加し、にぎやかに楽しい時間を過ごしましたが、途中でハッピーブライダルの報告がなされ、参加者は驚きとともに祝福の歓声が。過去は過去、未来に向けて幸せをつかんでほしいと思います。

 約3時間の反省交流会は大盛り上がりで、散会後には大正にある「やまびこ作業所職員」の好意に甘えて自宅に送っていただきました。この旅行を支えているスタッフのすばらしさは自慢が出来ます。酔っ払っての帰宅でした。

より以前の記事一覧