2019年12月31日 (火)

間もなく新年に

12月31日(火)☁☀:午前は少し風があるものの比較的穏やかな日になりました。
 
 昨日は墓掃除した墓地に榊や花をお供えし、今日は自宅の新年に向けての用事を。昼食時には孫4人が来宅し、食事作りに奮闘をすることに。

 午後には好天となり、夕食には中土佐町大野見地区に勤務する娘婿から頂いた濁酒特区醸造所清水園の濁酒「桜古狸(ろっこい)」を呑みましたが、滑らかな味で非常に美味しい味でした。Dsc01261 Dsc01260

 平成から令和に代わった年でしたが年相応の暮らしが出来たと思います。新年も健康に気を付けていきたいものです。

2019年12月16日 (月)

仁井田倶楽部忘年会に

12月15日(日)☀:冬晴れながら穏やかな1日となり、午前は畑の野菜の小松菜・チンゲン菜・水菜・ダイコンなどを収穫しました。そして洗って陰干しに。ここ数年は野菜作りに楽しさを覚え、収穫し食べきれない物は福祉施設や法人事務所の職員等にもらっていただいています。

 夕方からは四万十町老人クラブ連合会窪川支部若手委員会「仁井田倶楽部」の忘年会に招かれ参加を。

 会場は仁井田町民会館で、20名余の参加が。この日は午前にモーニング喫茶が行われており、その後には施設の清掃等も行っての忘年会。四万十町老人クラブ連合会会長・仁井田区長とともに招かれ、社会福祉協議会長として挨拶させていただきました。

 この仁井田倶楽部は2011年初頭に土曜日6回講座で社協が行った「仁井田校区生活支援サポーター養成講座」の受講者を中心に構成されているもので、2011年3月11日の東日本大震災翌日が養成講座の最終日で、地域の助け合い・支え合いを検討する中から結成されたものです。20191215k

 結成後は仁井田小学校との交流事業に加えて、地域での自主的な活動や研修旅行をする中から、老人クラブ組織が消滅した地域で老人クラブ若手委員会として活動を展開し今日に至っています。また今年春からは毎月第3日曜日に「モーニング喫茶」を開催し、地域住民の交流の場づくりに貢献しています。

 忘年会は全員で調理した料理はテーブルに並び、和やかに時間が経過しました。仁井田地区は思い出深い地区で、70年ほど前には自宅から旧窪川町でただ1か所である仁井田保育所に1年間徒歩で通い、道草をしたため弁当を通園途中で食べ、保育所についたころには所長から遅くなるので家に帰るように言われた記憶があります。

 社会福祉協議会の生活支援サポーター養成講座を影野小学校区・仁井田小学校区で行い、NPO役員としてまちづくりの基本や住民主体の地域活動について、実践のなかかれ話させていただいたことが記憶にあります。

 明るいうちに帰宅できましたが、かなりアルコールが体内に入っている気がします

 

 

2019年12月14日 (土)

忘年会シーズンに

12月11日(水)☀:夜には「社会福祉法人明成会」忘年会に参加しました。この日は午後に明成会評議員会が行われ、その後評議員・理事・監事そして幹部職員との忘年会で、隣町にある佐賀温泉「こぶしの里」で行われました。昨年に自動車専用道路「片坂バイパス」が開通し便利になりました。

 送迎バスを利用しての2時間の懇親会。ゆっくり交流が出来ました。四万十町外の役職員もおり、窪川に帰って2次会の「スナックパートナー」に。久しぶりのカラオケを。すっかり酔っての帰宅となりました。

 いよいよ忘年会スタートです。

2019年12月 5日 (木)

師走の夜はジャズで

12月3日(火)☀:師走となって朝夕の気温が下がってきました。孫NO2が前日からインフルエンザにかかり、通学停止となったため、、急遽お爺は町内のクリニックでインフルエンザ予防接種を。

 学校を休んだ孫と1日を過ごしましたが、この日に行われた窪川小学校マラソン大会では孫No1が5年生で1位だったとか。

 夜には窪川四万十会館での「X’mas jazz session in shmanto」に出かけました。このライブは地元の山地高さん(Ts,Ss)が企画し、プロのスペシャルゲスト佐藤達哉さん(Ts,Ss)と早川由紀子さん(pf)を中心に県内在住の山地高さん、大村太一郎さん(Bs)・藤田剛士さん(Ds)がコラボして素晴らしい演奏が。20191203k1 20191203k2 20191203k3 20191203k4 20191203k4

 後半は県内の奏者が楽器を手にセッションが。ジャズライブの醍醐味はセッションと思います。楽しい時間を過ごしました。

2019年11月29日 (金)

母校の発展を願い

11月25日(月)☁☀:夜には母校である窪川高校同窓会役員会に出席しました。この夜の会は、少子化の影響もありながら町の中心地にある窪川高校に入学生が少なく、四万十町内にある四万十高校との統合が想定されていることに危機感を感じ、対応に向けての役員会でした。
 
 2020年2月に予定している同窓会委総会に向けて同窓生への母校存続に向けての対策の話し合いが行われました。開校以来約80年、窪川地区の最高学府として多くの卒業生を輩出し、地域の後継者を育成しています。同窓会の総決起への取り組みをスタートする役員会となりました。

2019年11月27日 (水)

介護職員初任者研修が終わりに

11月22日(金)☁☔:この日は14週間ぶりとなる高知医療センターでの定期健診に。幸い特別悪いことは無く安堵を。次回は来年2月28日受診が予定されました。
 20191122k 午後には「平成元年度戦没者追徴式」が予定されていたものの社会福祉協議会事務局長に出席を依頼しました。

 約2か月にわたって開催された「介護員初任者研修」は最終日で、今回すべての過程を終えた方々に終了証書を手渡しましたが、終了の4名は事業所に勤務しており、新しい介護職員養成にはつながりませんでした。

 

 

 

 

2019年11月25日 (月)

地域食堂を「あしたの会」が

11月16日(土)☀:毎月第3土曜日は「地域食堂みんなでごはん(子ども食堂)」で、今月はボランティアグループ「あしたの会」が運営を。
 「あしたの会」は毎月第2土曜日午前に「カフェ香月」でモーニングサービスを行っており、今月はこの取り組みが休みとなり、今回の開催となったものです。メンバーは手際よい扱いでカレーライスを提供し、自分も美味しくいただきました

風の会2019総会に

11月15日(金)☀:窪川発15時2分の上り特急列車で高知市高知会館で行われた「2019風の会総会」に参加しました。
 風の会は郵政退職者で構成された文芸サークルで、2001年8月に設立され、自分は2003年11月に加入しています。設立当時は月2回ほど会報「風通信」が発行されており、2006年8月には100号記念誌が出されています。

 その後は月1回ペースで「風通信」が発行され、6年前の大病を患う前には暫く自分が風の会会長を務めました。現在では196号が発行されており、自分は年2回程度の投稿となっています。Dsc01180 Dsc01181 Dsc01185

 総会では前年総会から今回までに発行された会報の合評と200号記念誌についてなど話し合いを行い懇親会に。会場は5階の北側で、夕暮れの高知城が望めます。参加の10数人は1年ぶりの再会を喜び合い、懇親を深め2次会には高知市在住のメンバーの案内で近くのスナックに。久しぶりにカラオケマイクを握って楽しい時間を。

 この日は複数当たった高知市内のホテルは満室でJR土讃線下り最終便で帰宅に。楽しい時間が過ごせた1日でした。

 

2019年11月14日 (木)

宅老所でミニコンサートが

11月13日(水)☀☁:玉ねぎの苗が届いたので午前は畑の畝つくりに汗を流しました。涼しくなったとは言え、鍬を使っての作業では汗がじわりと。マルチを貼って終了。あとは苗を植えるのみです。
 
 昼過ぎからは黒石集会所で行われた黒石宅老所「桃香」主催の「林裕輝ミニコンサート」に案内され
足を運びました。林裕輝さんは現在檮原高校3年生で、檮原の三山ひろしと言われ、プロ演歌歌手を目指しているとか。

 20191113k 演歌メドレーで始まったコンサートは、トークは慣れており、時折笑いや拍手を受けるとともに多くのお客さんから祝儀も。後半は三山ひろしの歌を5曲披露し大喝采を受けました。高校卒業後は静岡県でプロ作詞家のもと内弟子となり演歌歌手を目指すとのこと。明年3月8日には地元の檮原座で生バンドの演奏で卒業コンサートを開催予定となっているとか。若者が夢にチャレンジする姿は眩くもあります。

2019年11月 4日 (月)

水車亭のイルミネーション

11月3日(日)☁:娘夫婦が仕事などで不在のため孫3人の相手で昼間の自慢が過ぎました。午前には孫娘を連れて柿の実の収穫に。今年は柿の豊作なのかたわわに実っています。20191103k1 20191103k2 20191103k3 20191103k4
 

 夕方からは妻の姉妹夫婦や子・孫たちと町の「焼肉:団」で夕食を。総勢10人ぐらいが食事を楽しみました。帰りには今月からイルミネーションを企画している水車亭に足を運び、素晴らしい幻想の世界に。すっかり酔っての帰宅でした。

より以前の記事一覧