« おおのみきた応援隊情報交換会に | トップページ | 新年度事業計画を協議 »

2021年2月22日 (月)

今年度最後の災害ボランティア研修会

2月21日(日)☀:朝から良い天気となりました。
 この日は今年度最後となる社会福祉協議会主催の「災害ボランティア研修会」でした。新型コロナウイルスの影響で今年度の研修会は講演会とし、講師である山﨑水紀夫さん(さんすい防災研究所代表)と社会福祉協議会事務所で落ち合い、会場のコンベンションホール「きらら大正」に。

 Dsc02033  Dsc02038 この講演会は窪川・十和会場に続いて3回目です。参加は大正地区の住民など約50名で、講演内容はボランティアとは・災害ボランティアセンターとは・昨年の九州豪雨水害の様子・住民活動のコロナ対策そして災害時の車中泊避難等についてユーモアを交えて分かりやすいお話でした。災害ボランティア研修会は10年余り前から町内3か所で定期的に開催しており、しまんと町社会福祉協議会の恒例事業でもあります。

 Dsc02040 Dsc02041 Dsc02037 山﨑さんは昨年3月に県庁を退職後、この講演が100本目となり、宿泊も100泊とかで、ダブル100のお祝いをと急ごしらえの花束を講演終了時にプレゼントさせていただきました。会場ロビーには四万十街道ひなまつりの雛段が飾られ、目を楽しませてくれました。2・3月と四万十川エリアではこの企画が行われています。ドライブがてら足を運ぶのも楽しみかも。

 昼食は山﨑さんとJR窪川駅舎内にある「しまんとえきめしFORM]で。山﨑さんには3月5日に「地域活動におけるコロナ対策勉強会」にも講師でお世話になることとなっています。国道の温度計は20度を表示しており、風もなく暖かい1日でした。

« おおのみきた応援隊情報交換会に | トップページ | 新年度事業計画を協議 »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おおのみきた応援隊情報交換会に | トップページ | 新年度事業計画を協議 »