« 地域自治区制度公聴会に | トップページ | 採用試験に »

2021年2月14日 (日)

県西部に車を

2月10日(水)☀:穏やかな晴天に恵まれました。午前の早い時間に、前日夕刻に亡くなった亡父の姉宅へ見舞に伺ったのち、県西部に車を走らせました。Dsc01989 Dsc01991
 

 黒潮町の海は風も波もなく太陽にキラキラ輝いていました。最初に訪れたのは黒潮町役場で、昨年就任した町長と高知県西部NPO支援ネットワーク理事をしている教育長に表敬訪問。次に訪れたのは宿毛市にある「NPO法人ゆめスマイル」でしたが、この時間帯には不在で誰もに会えず残念。この法人は昨年秋にNPOに認証されており、夏に相談を受け一度伺ったことがあります。子ども食堂や放課後子ども支援など多彩な活動をしており、今後の活動が期待されます。Dsc01992 Dsc01994

 この日は県西部の6市町村を巡ることを予定しており、宿毛市からは国道321号を大月町に。「道の駅:大月」に立ち寄り地元産のイチゴを購入し土佐清水市に。「道の駅:めじかの里土佐清水」では今の時期旬の一日干しのイカを購入。大岐の浜ではわが法人の元理事を訪ねました。Dsc01997

 その後は県西部でただ一つ海に面していない三原村を訪ね、集落活動センターの「やまびこカフェ」を訪れましたが、コロナウイルスのためか休業中。帰途は宿毛市・四万十市経由で黒潮町浮鞭にある「NPO法人NPO砂浜美術館」に立ち寄るものの、理事長は不在。隣の「道の駅:ビオスおおがた」で遅い昼食のそうだ節ラーメンを。和風味で美味しくいただきました。お土産にとポンカンを購入しわが町に。しまんと町社会福祉協議会事務所に立ち寄り、職員にポンカンをプレゼント。20210210k2

 全行程220Kmのドライブでした。

 20年来の知人である間六口さんが自費出版している「古希を過ぎても笑顔の青春」を四万十市のTUTAYAで購入してきました。彼が中村職業安定所長をしていた時に、土佐中村郵便局に勤務していた自分が地域の「NPO法人:高知県介護の会」のイベントを通して知り合いとなったものです。20210212k1 20210212k2

 間さんは当時県庁雑技団に所属しており、県下の中山間地に笑いを届ける活動を展開し、メインの芸であるバナナのたたき売りは舌好調で、自分はお手伝いをさせていただいたこともあります。今では土佐の寅さんと言われ、全国に笑いを届けています。この本の終わりには、セカンドライフがよければ人生すべて良しとなる。コロナ禍において明るく笑顔で生きようとのメッセージが。200ページ余りには心を明るくさせる文章満載です。

« 地域自治区制度公聴会に | トップページ | 採用試験に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域自治区制度公聴会に | トップページ | 採用試験に »