« 人生100年時代を生きるには | トップページ | 紅葉のなか鬼北町に »

2020年11月16日 (月)

かっぱカイギに

11月14日(土)☀:夕方から町内米奥集会所での松葉川青年団主催の「かっぱカイギ」に出席しました。この企画は昨年30年ぶりに復活した松葉川青年団が行う「第弐回いっとひょう沈下橋アートプロジェクト」の一環で、この日は前祭として青年団現役&半世紀前の青年団員そして西予市野村青年団役員との意見交換会です。Dsc01756 Dsc01761 Dsc01763

 意見交換会では現青年団の思いやOBの活動、そして歴史ある野村青年団の相撲に関する取り組みなど、多様な内容となりました。OBは当時の青年団長と自分が参加。半世紀前に地域で行われていた神社での夜相撲や青年団活動の活動状況などについて熱い話がなされました。、

 半世紀前の松葉川青年団は消滅しかかった盆踊りを松葉川地区の催しとして再興し、旧窪川町中学校区での開催の原動力となったことや、地区民運動会の開催、そして青年団活動としてのクリスマスパーティー・成人式ダンスパーティー、駅伝大会などを行い、町内の青年団活動のリーダー的存在でした。Dsc01767

 意見交換会の最後にはこの度の企画「かっぱさまのおまつり」に合わしてカッパの真似をして記念撮影を。その後は町にある「居酒屋:古梵」に場所を移して懇親会を。現役もOBも時間を忘れて青年団活動の現状や将来展望を語り合いました。自分からすると約半世紀前の話でもありつつ何か新鮮にも感じました。Dsc01768 Dsc01770

 当時は入団から結婚での退団までが青年団員。そしてその後は子育てでの保育所保護者会・学校PTAなど地域での役割が継続していましたが、現在はその継続が困難となっているようです。現青年団は20代から50代までですが地域に対する想いはすごいと感じます。

 「第弐回いっとひょう沈下橋アートプロジェクト」はこの日の「前祭かっぱカイギ」に続き22日には三堰キャンプ場での「本祭かっぱさまのおまつり」、そして12月12日には「後祭:かっぱ川原ダンギ」が行われ、11月28日から12月14日までは城ハナ公園広場で「作品アーカイブ展示」が行われます。恐るべし松葉川青年団。

 懇親交流会は楽しい時間でした。帰途は徒歩で。この日は早朝・夜の帰途散歩各4000歩。歩数計は1万歩を超えました。

« 人生100年時代を生きるには | トップページ | 紅葉のなか鬼北町に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生100年時代を生きるには | トップページ | 紅葉のなか鬼北町に »