« かっぱカイギに | トップページ | 旧知の友が来訪 »

2020年11月18日 (水)

紅葉のなか鬼北町に

11月17日(火)☀☁:9時前に家を出て愛媛県鬼北町での講演会に。四万十川沿いは晩秋の景色が美しく、絶好のドライブ日和となりました。

 この講演会は先月設立総会を行った「予土線圏域の明日を考える会」からの参加要請で、会場の鬼北町近永公民館に到着すると講演会は鬼北町・松野町の行政職員研修会とのこと。予土線沿線の両町が研修会を行い、考える会が参加した形です。考える会にはしまんと町社会福祉協議会としてかかわっています。Dsc01772 Dsc01773

 講師は元JR東海社長の須田寛氏で、彼は旧国鉄入社後四国鉄道管理局で宇和島線(宇和島~江川崎)の合理化推進担当だったとか。そのため宇和島~江川崎間の駅名等を熟知しており、当時の状況を詳しく話され、その後は講演題による「鉄道の果たした役割とこれからの鉄道~予土線を中心に考える~」について熱弁を。

 今後の予土線の方向性については、沿線人口の減少や車社会の進行により通勤・通学の乗客増加が見込めない中、四国一周の観光路線に徹することが重要とのことが。具体的には主要駅の「道の駅」化、各駅一名所・一名物運動、そして住民とともに鉄道・自治体が中心になって駅中心に楽しい観光まちづくりを進める・・ことなどについて話されました。

 Dsc01774 Dsc01776 Dsc01776 Dsc01777 Dsc01782 往路はR381で鬼北町に、復路はR320・197・県道19・R56経由で自宅に。途中道の駅「広見森の三角ぼうし」「日吉夢産地」に立ち寄り安価な新鮮野菜の買い物を。200Km弱の行程でしたが、紅葉は終盤となっていました。しかしR197沿いには桜の花が。季節外れのため新鮮に感じました。

 

« かっぱカイギに | トップページ | 旧知の友が来訪 »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かっぱカイギに | トップページ | 旧知の友が来訪 »