« 新規採用職員対応を | トップページ | 意識統一が・・・ »

2020年3月26日 (木)

市街地活性化が喫緊の課題

3月25日(水)☀:午前は「第が主3回四万十町窪川地域中心市街地活性化協議会」に出席しました。今回は活性化計画の取りまとめが主なもので、協議会2回・WG協議を経ての内容が計画になっています。この事業は国や県の補助金活用と通して行うこととなっており、補助金要綱などがベースとなって住民参加スタイルには距離があります。

 当面の計画については承認されましたが、今後はPDCAサイクルが機能する運営に腐心しなければなりません。町内外の方が楽しめる窪川地域づくりへの取組が喫緊です。社会福祉協議会としても大いにかかわりがある課題です。

 午後は「令和元年度第4回しまんと町社会福祉協議会評議員会」を開催しました。新型コロナウイルス感染症が心配される中ですが、この評議員会は新年度に向けての議案が主となっており、評議員の生の声を聴く場として多人数の会議等が中止や延期されている中、あえて開催しました。会場は社会福祉センター大会議室を使用して各評議員には1テーブル1名での配置で会を。

 この評議員会の議案は①令和元年度第4次補正予算、②令和2年度事業計画、③令和2年度当初予算で、多くの議論をいただきながら原案通り承認されました。管理職には議案説明や質問には的確に答えられる能力とスキルが求められていると感じますが・・・・。責任をもって仕事に取り組んでいる意気込みが感じられる対応が欲しいものです。20200325k

 我が家の畑に咲く桜は風に花弁を散らし、花の命の短さを感じます。しかし着実に暖かい春に向かっていることも実感を。

« 新規採用職員対応を | トップページ | 意識統一が・・・ »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新規採用職員対応を | トップページ | 意識統一が・・・ »