« 災害ボラセン中核スタッフ研修に | トップページ | パソコンがダウン寸前に »

2020年2月 1日 (土)

すごい本物のリズムと歌

1月31日(金)☀:午前は「令和元年度第5回四万十町総合振興計画審議会」に出席しました。今回の会議は昨年5月に町長から諮問をされた「人口減少克服及び地方創生の推進に関する施策について~第2期四万十町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定に向けて~」について検討した内容を答申案としたものです。

 策定について大きくは8項目について答申することとなりましたが、出席委員からの意見も加え答申最終案は事務局と会長である自分が調整し作成することが承認されました。

 3町村合併から今春で14年が経過しますが、第1次総合振興計画審議会会長を務めた者として残念に思うのは「まちづくり基本条例」や「総合振興計画」が住民に理解されていないこと。住民自治の基本である住民協働の取り組みが進んでいないことが原因と思われます。自治体や住民自治のあり方をともに考え行動に移すしか地方創生への道はないと思うのですが。そのためには行政の本気度が求められます。

 午後は窪川小学校体育館で行われた「群馬の保育士から学ぶ~本物のリズムと歌~」に参加しました。この取り組みは「高知保育問題研究会」をリニューアルした町内の元保育所長藤澤さんが中心となって取り組んだもので、群馬からは退職者を含め8名の保育士が来町し、この日は窪川小学校1年生50名とリズムと歌の時間を。

 ピアノ演奏に合わしてのリズム体操では1年生ははつらつとした行動で笑顔が。40分ほどの連続体操に生き生きした姿が見えました。我が孫NO3も1年生で楽しそうにリズム体操に取り組んでいました。

 2月1日午前には町内保育所の子供たちとにリズムと歌の時間が予定されています。

« 災害ボラセン中核スタッフ研修に | トップページ | パソコンがダウン寸前に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害ボラセン中核スタッフ研修に | トップページ | パソコンがダウン寸前に »