« 農福連携サミットに | トップページ | 研修は現地視察を »

2019年9月 5日 (木)

災害ボランティア研修で宇和島市に

9月2日(月)☀☁:高幡広域社協連絡協議会研修旅行で宇和島市に。
 この研修には管内5市町社会福祉協議会から役職員30名が参加することとなり、須崎市で合流し、津野町・檮原町経由で宇和島市総合福祉センターで高知県社協職員2名も参加。Dsc00918

 昨年7月に発生した西日本豪雨水害で被災し、復興に取り組んだ宇和島市災害ボランティアセンターの取り組みを研修するもので、地元は宇和島市社協薬師神会長はじめ役職員9名が対応いただきました。Dsc00920

 実践報告では「災害ボランティアセンターの取り組み~長期的な被災者支援に向けて~」をテーマに、地域福祉係長が説明を。宇和島市の被害は吉田町に集中しており、7月7日には時間雨量100mmに迫る記録的大雨があり、人的被害は脂肪13人(直接死11人、関連死2人)負傷者28人、避難状況は最大時避難者数628世帯・1149人・41か所となり、吉田・三間地区では6568戸が1か月以上にわたって断水したこともあったとか。 Dsc00921 Dsc00922

 災害救助法が適用され、罹災証明書交付数は1783件((2019.7現在)で、災害ボランティアセンター運営支援に関わった社協職員は愛媛県延べ117人、高知県43人となっており、主に吉田地区への応援だったようです。この間、ボランティアバス等による吉田地区へのサテライトでの活動が中心で、終息後は宇和島市地域支え合いセンター(市社協)が被災世帯等の支援を行っているとか。

 説明後は参加の各市町社協役職員と意見交換がなされました。被災経験のある四万十町としては大いに参考となる研修会でした。

 20190902k3 夜間は参加者による懇親会が市内の「ほづみ亭」で行われ、宇和島市社協職員の同席もあり、大いに盛り上がりました。料理の最後にはこの地の名物料理鯛めしが振る舞われ珍味に舌鼓を。すべてが美味しい料理でした。

 20190902k2 終了後は近くにあるステージ付きのカラオケボックスに全員がなだれ込み、和気あいあいと和やかなひと時を。この夜の宿泊は宇和島オリエンタルホテルで、朝食がて提供されないとのことで1階にあるコンビニでおむすびを買って部屋に。

 

« 農福連携サミットに | トップページ | 研修は現地視察を »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 農福連携サミットに | トップページ | 研修は現地視察を »