« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月31日 (土)

農福連携サミットに

8月30日(金)☁☔:午前は月末で週末のため関係法人事務所で打ち合わせを。5年生の孫は登校日で送迎も。
 午後は須崎市立市民文化会館での「農福連携高知県サミットinすさき」に参加を。このサミットは農業と福祉の分野が連携し、「働きたい」という意欲を持った多くの人が生きがいを持って生活できる地域づくりに向けて、県内外の事例を学ぶことで障害者等が新たな社会との接点として農業分野に関わるきっかけづくりを目指すものです。Dsc00914 Dsc00913 Dsc00915 Dsc00917

 メイン講師は吉田行郷氏(農林水産政策研究所企画広報室長)で、「農福連携とは~中国四国地方の事例にみる現状と課題~」題して講演が。我が国における障害者の居場所・就労の現状から入り、各地の先進事例を話されました。

 続いては大谷玲世氏(一陽病院デイケアかるみあ主任)から一陽病院の取り組みの報告が。高幡地域でただ一つの精神科病院としてのデイケアから取り組んできたことに話がなされました。

 後半は安芸市による「誰もがしあわせになる農福連携(安芸市農福連携研究会の取り組み)」について、公文一也氏(安芸福祉保健所)・岡林敦史氏(ナス農家)・北村浩彦氏(ナス農家)・西岡栄吉氏(就業者)から経過や取り組み・成果等について具体的に話がなされました。農福連携は四万十町の農業地帯で取り組む必要性があると感じました。

 夜には町内の割烹で大事な人と久しぶりのディナーを。近況報告や共通する話題なとに話が弾み2時間余りの時間があっという間に過ぎ去りました。気持ちよく酔った上に送っていただき帰宅を。このような機会がたびたび欲しいものです。

国交付金の検証を

8月29日(木)☀☁:午前は「令和元年度第2回四万十町総合振興計画審議会」に出席しました。今回の審議会は、平成30年度地方創生推進交付金事業に係る効果の検証が主な内容で、概要説明と意見交換が。

 Dsc00912 Dsc00911 事業は大きく分けて4事業で、①四万十町を知る取り組み、②四万十町を体験する取り組み、③四万十町に住む取り組み、④四万十町で育てる取り組み・・・を。  参加者から事業に取り組んでの評価や検証を。

 夜は窪川小学校での「第1回窪川小学校開かれた学校づくり推進協議会」に出席しました。この会は約20人で構成されており、第1回のため役員選出で自分が委員長に選出され、窪川小学校の教育の取り組みについて議論を行いました。この委員会は年に3回予定されており次回は12月です。

2019年8月30日 (金)

理事が保育所訪問

8月28日(水)☁☔:昼間は窪川児童福祉協会の保育所訪問と理事会でした。
 6月に2名の窪川児童福祉協会理事が新しくなり、保育所現場の状況把握のため理事会として運営している保育所訪問を行いました。午前は川口保育所とくぼかわ保育所で、児童福祉協会が運営している4保育所の中で小規模保育所と大規模保育所の現状を視察しました。

 川口保育所は建築後約20年を経過しており、比較的新しい保育所ですが、地震等による危険地域にあり、先だってのレベル4の水害危険レベル発令時には、お構い保育でくぼかわ保育所を利用することとなっていました。

 片やくぼかわ保育所は老朽化が進行しており、毎年修繕が行われています。しかし、窪川地区の中心となる保育所ゆえ存続と安定的な運営が求められています。

 午後は松葉川保育所とひかり保育所訪問を。松葉川は我が長女・次女が通園し、その当時に改築したもので約40年が経過しており老朽化するとともに、危険地域に建てられており心配の事案も。60人定員に対して59人の園児が利用しており、現在がピークの模様です。四万十町全体では少子化が進行しており、数年後の状態を見て移転改築が必要かと感じました。

 続いて訪問した仁井田地区にあるひかり保育所は約7年前に統合保育所として新設されたもので現在は四万十町の指定管理施設として運営しています。この地には仁井田・影野小学校がありますが、現在両校とも複式学級になっており、将来展望は不透明です。

 15時からは今年度の窪川児童福祉協会第3回理事会を開催しました。この理事会の議題は9月補正予算がメインとなっており、原案通り承認されました。加えて、今年度末で退職予定の職員もおり、来年度の運営等についても話し合いを行いました。窪川児童福祉協会の運営基盤強化についても議論を。

 夜には春・夏・冬休み期間中に社会福祉協議会が行っている障害児長期休暇支援事業に関わっていただいている支援員の方々と社協職員との懇親交流会に参加。交流会場所は町内の「居酒屋:さくら」で、10年余りのブランクで訪れました。

 身体障害児や発達障害児が利用している「すまいるクラブ」ですが、支援員の方々の想いや姿勢に頭が下がります。色んな意見を聞けて使命感を共有できる交流会となり有意義な時間でした。この夜は女性9名に対して男は自分だけで圧倒された場でもありましたが、決して嫌な場でもありませんでした。

 

2019年8月28日 (水)

「遺言」テーマに法律講演会

8月27日(火)☔☁:午前は小学校の補修授業に参加の孫NO3を送迎後、昼食を摂り十和保健センターでの「四万十町民講座:法律後援会」に参加。国道からは雨の茅吹手沈下橋が眺められます。Dsc00907

 この講演会は社会福祉協議会が主催するものの、法テラス須崎法律事務所と須崎ひまわり基金法律事務所から3人の弁護士に来ていただき講師を。今回の講演会テーマは「遺言」で、地域の方々など約20人が参加し、講演と寸劇を交えての進行に参加者は興味深く話に聞き入っていました。Dsc00908 Dsc00909

 人間誰もが死後相続が発生します。その際のトラブル防止やスムースな相続に有効な手段として「遺言」がありますが、ルールを正しく理解していないといけないとの話が。毎月社会福祉協議会が行っている法律相談の周知も兼ねて説明がありました。

 夕食には3女が「シンコ」を持参してくれ、リュウキュウ・仏手柑を添えて美味しくいただきアルコールが進みました。季節の食材で至福のひと時です。Dsc00910
 

新しい事業に向けて

8月26日(月)☁☔:秋雨前線のためはっきりしない天候が続きます。朝夕めっきり涼しくなってきました。

 夕方から四万十市での「2019年度第3回高知県西部NPO支援ネットワーク理事会」に出席しました。今回の理事会の内容は、今年度メイン事業となる「南海地震に備える」で、12月21日の昭和の南海地震発生の日を予定します。

 高知県青年団協議会との共催となり、活動発表・寸劇・基調講演・特別講演から構成され、終了後には交流会もセットです。協議の中で別理事から「一過性の研修会ではなく、被災後の復旧システムをも内容に加えるため、RQ高知の立ち上げを展望したものにしたら」との声があり、この研修会に問題提起を行うことになりました。

 防災や災害ボランティア活動に若者が参加する研修会としたいものです。小雨の夜道を帰宅しました。

2019年8月27日 (火)

24時間テレビ2日目+夕涼み会

8月25日(日)☁:幸いにして雨が降らず24時間テレビチャリティ2日目がスタート。募金会場は2か所で、道の駅「あぐり窪川」では窪川地区民生児童委員の皆さんが交代で受付をされ、サンシャインしまんとハマヤではくぼかわボランティア連絡協議会・窪川高校生・社会福祉協議会職員などが受付を。夕方6時にはそれぞれの会場の受け付けを終了し、イベントは無事に終えることが出来ました。関わっていただいた方々や募金をいただいた方々に感謝です。Dsc00904

 19時からは我が地区の「すべり道部落夕涼み会」に孫NO3を連れて参加。この事業は3年前から地区独自事業として子供を対象の夕涼み会として行っているもので、子どもたちの喜ぶ花火を「焼き鳥けんちゃん広場」で開催。子ども10人ほどと保護者などで楽しいひと時を過ごしました。20190825k

第42回24時間テレビイベント1日目

8月24日(土)☁☔:24時間テレビチャリティー1日目で、小雨の中午後から会場である四万十町農村環境改善センターでの準備はスムースに行われ、10組あまりのテントが張られ開会を待ちました。

 参加グループはくぼかわボランティア連絡協議会に登録しているグループをはじめ、役場職員組合青年部・事業所や社会福祉協議会などで、数多くの品々の販売や企画が。Dsc00876 Dsc00880 Dsc00882 Dsc00884 Dsc00888

 開会時は小雨模様だったため大ホールでオープニングを。実行委員長・町教育長の挨拶ののち和太鼓「志鼓倶」の演奏・松葉川保育所園児の踊りが行われ、雨が上がったのちのはメイン会場の駐車場で四万十町よさこい踊り子隊「四万夢多」・JA窪川民謡クラブの踊り、そしてラムネ一気飲みやおたのしみ抽選会等で盛り上がりました。Dsc00897 Dsc00902

 この夜は気温が低く、ボランティア連絡協議会のビアガーデンのお客さんが少なく、自分はビールの売り上げに協力を。時間通りイベントは終了したものの、片付け等では町職青年部など若い方の力が発揮され感謝でした。

 

2019年8月22日 (木)

夏休み子ども食堂

8月22日(木)☀:19日から昨日まで3日間娘夫婦と孫4人は三重・大阪・兵庫方面に家族旅行を。

 今日は小規模多機能ホーム香月で夏休みの子ども食堂がボランティアグループ「あしたの会」主催で行われ、手伝いののち小学1年生の孫と食事に。Dsc00873 Dsc00874

 ワンプレートで提供された食事は、から揚げ・卵焼き・イタドリの炒め物・リュウキューの酢物・サラダに加えてソーメンとデザート。おむすびは食べ放題となっており、来客は食事を楽しんでいました。客は一般の家族や障害児長期休暇支援事業に関わっている子供と支援者など、そして地域の住民などが。

 我が孫はテンプレートの食べ物が多くおむすびまで手が出ませんでした。日中は気温が高く、クーラーの中で過ごすこととなりました。 

2019年8月21日 (水)

午後は大正地域に

8月20日(火)☁:娘夫婦・孫4人は家族旅行で早朝から近畿方面に出かけ、静かな朝に。

 午前は障害者支援施設オイコニアで社会福祉法人明成会の「2019年度第3回理事会」に出席しました。この日の理事会は第1回補正予算と給与規定改正等が議案となっており、原案通り承認されました。

 午後は四万十町役場大正地域振興局での「2019年度四万十町人権教育研究協議会総会」に代議員として出席しました。協議会は窪川・大正・十和支部から構成されており、各支部の連携した活動を進めるためのものです。議案と役員については提案通り承認されました。

 Dsc00871 久しぶりの大正地域のため、親友を見舞いに大奈路地区に足を運びました。見舞った後には郵便局に立ち寄り知人と久しぶりの面会を。元気に勤務していることをうれしく思いました。国道脇を流れる四万十川の支流檮原川は前日の雨で少し増水していました。 

2019年8月18日 (日)

台風一過

8月16日(金)☀:台風10号は日本海に抜け北上して比較的被害がなく安堵しました。

 この日は高知医療センターでの定期健診日。2013年10月下旬に「血管内悪性リンパ腫4期」で入院治療が始まり、、抗がん剤治療を8クールで入退院を繰り返し、この間幹細胞移植をして2014年6月に退院後定期的に検診を受けているものです。

 今回の検診は血液検査とCTによる検査となっており、血液検査では左腕から採血が出来ず、右腕からの採血とCT検査の造影剤注入で2か所に針を刺すことに。Dsc00866 20190816k1 20190816k2

 

 幸い再発の兆候はなかったものの、アルコール摂取に赤信号が。落ち込みました。次回は12週後の11月22日の検査となります。

 遅い昼食を久しぶりの「七子豚太郎」で味噌五目ラーメンを。14時を過ぎていたものの結構混雑していました。

 7月に更新手続きしていた運転免許証の交付日で窪川警察署に。3年間の運転を認められましたが高齢者による事故等と言われる事案だけは避けなければなりません。Dsc00865 Dsc00869

 週末故、窪川児童福祉協会・しまんと町社会福祉協議会事務所に立ち寄り、それぞれの事務局長等と打ち合わせを。

 夜には地区の事業である「盆・送り火」を自宅前に灯しました。迎え火を灯した日には台風10号の影響で風が強かったものの、この夜は穏やかできれいな月も眺めることが出来ました。

2019年8月16日 (金)

台風10号が

8月15日(木)☔:台風10号の影響で深夜から早朝にかけて断続的に強風雨が。午前9時半ごろ、五社大橋から上流を望んだ四万十川は褐色で増水していました。

 午前は関係団体の職場等に寄って台風の影響を確認しました。天気予報では強風域に含まれているのに比較的穏やかな日中に。

 窪川児童福祉協会の4保育所は「おかまい保育」の対応を行い、すべてくぼかわ保育所で保育しており、台風を心配してか約250名の園児のうちわずか8名が登園し、保育所長・主任保育士などで手厚い保育となっていました。「おかまい保育」に協力いただいた保護者に感謝です。

 社会福祉協議会はデイサービスは休業とし、ホームヘルプサービスも利用調整の対応でトラブルがなかったようで安心。

 午後は小規模多機能ホーム香月で「しまんとオレンジカフェ」が開かれ足を運びました。ほとんど風雨は無く結構お客さんも来られ和やかな時間を過ごしました。ホットコーヒーに手作りのケーキを美味しくいただきました。

 

2019年8月13日 (火)

大人数のバーベキュー

8月12日(月)☀☁:山の日の振替休日。旧盆ウイークとなり、国道や高速道は車が多いとのニュースも。
 午後は辷道地区内一体感醸成活動事業の一環として「お盆の迎え火・送り火」に使用する竹竿・たいまつづくりに参加。地区内5か所に灯す準備を。

 夕方からは義弟宅で妻の姉妹夫婦とそれぞれの子どもとその子供など30人余りが集まり「大バーベキュー大会」を開催。大人17人・こども16人で大賑わい。肉などを焼く係で大忙し。1年に1回のこの行事がみんなの楽しみに。大阪や広島などから帰省する甥・姪家族との交流も大いに楽しみです。20190812 写真の子供たちは全体の一部です。20190812k2

 台風10号は14~15日に吸収・四国地方に最接近とか。大型台風ゆえ心配ですが日開野ないことを祈ります。

墓掃除を

8月11日(日)☀:月遅れの盆を控え、午前は墓掃除と畦草を刈って汗をかきました。田んぼには少しヒエが生えており、台風10号が通過後には取り払わねばなりません。

 前日のこども高知新聞「レッツ、五・七・五」の俳句入選欄に孫の名前が。この記事は月一回掲載されているようで、今回は特選3作・入選32作が。頑張りを称えたものでした。20190811k

 午後はエアコンをつけてのんびりと。

2019年8月 9日 (金)

檮原町で意見交換会が

8月8日(木)☀:台風8号は九州上陸後に日本海に去り、9号が九州西方を強烈な勢力で朝鮮半島に向かい、10号は小笠原諸島付近に停滞来週初頭に日本本土をうかがっている模様です。トリプル台風の行方が心配です。

 Dsc00848 14時半から檮原町集落活動センター「おちめん」で行われた「令和元年度ブロック別市町村社協会長等意見交換会~高幡ブロック~」に出席しました。この事業は高知県社会福祉協議会が主催し行っているもので、この日は須崎福祉管内の5市町社協の役職員を対象とした意見交換会です。20190808k

Dsc00849  会には5市町社協と県社協役職員30名が参加し、地域共生社会の実現に向けての取り組みについての市町社協の取り組みと、新たに取り組む高知県地域福祉活動支援計画などについて意見交換を行いました。

 終了後には施設内にあるバーベキュー会場で地域団体「シルクの会」のもてなしによる会食交流会が。地元食材を生かしたバーベキュー料理が並び、おいしく舌鼓を。席を移動しながらリラックスした交流が出来ました。5市町のうち今年度に社協会長が交代してのは梼原町のみ。来年の開催会場は須崎市となっているようです。

 送迎をしてくれた社協職員に感謝し帰宅しました。この時間酔ったままでの投稿となっています。

 

発達障害学習会

8月7日(水)☀☁:午前は窪川児童福祉協会と社会福祉協議会事務所に足を運び業務打ち合わせを行いましたが、前日が誕生日だったためこれを知る職員からお祝いとしてスティックコーヒーのプレゼントが。可愛い笑顔にほのぼのとします。

 Dsc00846 午後は四万十町役場東庁舎多目的ホールでの「令和元年度四万十町発達障害学習会」に参加しました。この学習会は「四万十町障害者自立支援協議会」が主催し、高知県療育福祉センター発達障害者支援センターチーフが「子どものしてほしい行動を増やすために~ペアレント・トレーニングの概要」と題して講演とワークを。

 この会には当事者家族・学校関係者・保育関係者・行政・民生児童委員そして福祉団体関係者など約60人が参加し、発達障害を持つ子供たちへの対応などについて学習しました。Dsc00845

 昨年四万十町小中学校適正配置計画策定に向けての学校訪問で、多くの小学校で特別支援学級に所属しないグレーゾーンと言われる発達障害児が多くいる状況を見た場合、家庭環境のあり方に多くの課題があることを感じました。

 数十年前には子供の育成を中心にしてきた家庭が、今では親中心の家庭に変化しており、子どもも生きづらさが発達障害や不登校・引きこもりとなっていると思います。この学習会は高齢者や障害者そして生活困窮者などを対象に進めてきた社会福祉協議会が、人生のスタートである子ども分野に目を向けるきっかけとなります。社会福祉協議会の役割は、生まれて人生を終わるまでの福祉を充実する事として考えればウイングを広げて取り組まねばなりません。

2019年8月 7日 (水)

74歳に

8月6日(火)☔:早朝に台風8号が宮崎市付近に上陸したようで、時折風雨の強い朝となりました。登校日が予定されていた窪川小学校は休校となり、小学3年生の孫NO2が朝から我が家を占拠。

 昼前から家族の通院で高知医大病院に出かけましたが、高知ICから医大までの間は豪雨で運転がしにくいほどに。順調に診察が終わり、16時ごろには帰宅できました。

 8月6日は自分の誕生日。1945年の生まれで74歳になりました。20歳の誕生日には原水禁大会集会で広島市に。そして今年6月には再び広島市を訪れ、リニューアルされた原爆記念館を見学。二度と戦争や人類社会を破壊する行為のない社会を望んだことです。

 平均余命まであと10年程となりましたが、地域のために活動できる時間を大切にしたいと思うこの頃です。そのためにも「老いて益々盛ん」の実践が出来ればと思っています。

初物の新子が

8月5日(月)☀☁:午前は大正老人福祉センターで行われた「四万十町はたらくチャレンジプロジェクト」の開始式に出席しました。この事業は社会福祉協議会が高校生を対象にして企業でのインターンシップを通して行うもので、今回は四万十高校の1・2年生3名が参加。

 Dsc00842 開始式では挨拶をさせていただき、続いて「障害者就労・生活支援センターこうばん」職員から就労に向けた学習や自己チェック表の説明が行われ、その後は翌日から3日間就労体験する場所の見学となりました。

 午後には中土佐町久礼に住む三女が1日早い誕生祝いと称して旬の魚である新子を持参してくれました。畑のリュウキューを採ってきて夕食で新子をいただく準備を。夕方には台所に立ち、リュウキューを削いで新子を刺身にし、酢ミカンの皮をすりおろして準備万端。

 Dsc00843 夕食時には新子に酢ミカンを絞り醤油をかけてご馳走になりましたが、もちもちした食感に舌鼓を。ビールが日ごろのペースを上回ります。至福のひと時を過ごしました。台風8号が接近しており、この日は新子を味わうベストタイミングでした。

2019年8月 3日 (土)

教育福祉・人材交流研修が   

8月2日(金)☀:午前は前週に高知医療センターで奥歯を抜糸した箇所を診てもらいに地元の歯科医に。

 この日は「四万十町教育福祉・人材交流研修」が午後に四万十町農村環境改善センター行われました。この研修は社会福祉協議会と町教育委員会が共催で毎年開催しているもので、約10年の歴史があります。

 Dsc00841 今年度の研修には四万十町役場や社会福祉協議会新規採用職員・学校現場や教育研究所などから約40名が参加。研修会のテーマは「障害」で、①障害児のスポーツ活動、②「障害者スポーツの実践~ボッチャ・卓球バレー等」の体験講座、③講義「四万十町の障害者を取り巻く現状」そしてグループ討議と発表が行われました。終了時には自分が閉会挨拶をさせていただきました。参加者は今後実践や行動に展開してほしいものです。

 夕方からは窪川街中で行われた「金太郎夜市」に孫NO3と出かけました。夕暮れの商店街には多くのお客さんが。今年初めて企画された「50mのソーメン流し」にチャレンジした孫は大満足。かき氷を食べながら夜市を楽しみました。この夜は鳴子踊り・お化け屋敷・持ち投げなども行われ賑わったようです。

2019年8月 1日 (木)

ファミサポ研修に

8月1日(木)☀:早くも8月。今日はしまんと町社会福祉協議会役職員6名で県内の社会福祉協議会が取り組んでいる「ファミリー・サポート・センター」の視察研修に出かけました。

 ファミリー・サポート・センターは高知県が強力に進めている子育て支援施策の一つで、現在では高知市・佐川町・香南市・南国市・安芸市・香美市・いの町が取り組んでおり、今回は社会福祉協議会が実施しているファミリー・サポート・センター」に研修を。「こうなんファミリーサポーセンタは香南市社会福祉協議会内にあり、平成28年11月に開設し現在はおねがい会員・おまかせ会員・両方会員82会員で運営しているとか。

 午後に訪れた安芸市社会福祉協議会が運営するファミサポは、今年3年目でおねがい・まかせて・両方会員約50名とか。安芸市の場合には短時間利用より長時間利用が多いとか。地域の就労体制が利用実績に反映されているようです。高齢者や障害者・生活困窮者などを対象に活動してきた社会福祉協議会として新たな取り組みに関わるきっかけになると実感しました。

 20190801k 帰宅後は孫娘の自転車の練習に付き合って汗をかくことに。これが出来ればファミサポのまかせて会員になれそうです。

町長と会談

7月31日(水)☀:素晴らし夏空となりました。午前は町長と社会福祉協議会役職員で会談を行いました。
 町長室で行われた会談は、町村合併後の四万十町における福祉事情や前年度の経営状況そして四万十町の地域福祉の将来像等で、踏み込んだな意見交換ができたと思います。Dsc00837

 午後はしまんと町社会福祉協議会第3回理事会を開催。議案は居宅介護事業所の食事代(食材費)の改正で、原案通り承認されました。

 協議事項については翌年度の職員採用試験・新規事業・そして今年度から進めている社協発展強化計画についてで、それぞれの推進に向けて十分な協議をいただきました。

 この日は今夏一番の暑い日になったようです。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »