« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月30日 (火)

セミナー2日目は

7月28日(日)☁☔:セミナー2日目は前日と同じ会場で行われ、前日の分科会報告ののち、大橋謙策氏の総括講演が。

 大橋氏は、福祉現場には多様な福祉ニーズに加えて社会問題が横たわっている。今こそ社協の出番で地域共生社会を構築する原動力は社会福祉協議会である。このミッションを忘れてはならない。・・・と話されました。2日間の研修はプレッシャーにもなりましたが、役割の再確認にもなりました。Dsc00835

 来年の開催は高知県で宿毛市です。終了後の昼食は「阿波郷土料理坂井屋」で。明るい時間に帰宅できました。 

25名でセミナーに

7月27日(土)☁☀:四万十町社会福祉センターを8時に出発して徳島市での「令和元年度第17回四国地域福祉実践セミナー」に町内の民生児童委員・社協役職員などで参加を。
 昼食を徳島市内の「甲羅本店かに料理」で摂り、会場の四国大学R館に移動を。この大学は今回のセミナー副実行委員長である日開野教授の勤務場所。今回の参加者は約590名となっており、開会式会場が2会場となりました。

 開会式は実行委員長のあいさつに続き、徳島市長・徳島県知事の歓迎挨拶が。引き続いてのシンポジウムでは今回のメインテーマである「地域共生社会を目指した新たな支え合い」について行われました。

 シンポジストは保岡信聡氏(徳島県:社会福祉法人あさがお福祉会法人統括施設長)、今村文哉氏(高知県:社会福祉法人高知市社会福祉協議会地域協働課主幹)、堀家伸介氏(香川県:善通寺市世北地区民生委員児童委員協議会副会長)で、コーディネーターは大橋謙策氏(東北福祉大学院教授・公益財団法人テクノエイド協会・特定非営利活動法人日本地域福祉研究所理事長)が務められました。

 地域福祉の主要な担い手である社協、行政、社会福祉法人、医療、教育等の多様な期間・団体や住民が参加し、地域課題解決型の「新たな支え合い」の実践についてディスカッションを。20190727k1 20190727k2

 続いて4分科会が開催され、自分は第4分科会「地域共生社会実現に向けた社協活動のあり方」に参加。高齢化が進行する地域・福祉教育・あったかふれあいセンター運営・地域福祉活動計画策定を通してなどの地域共生の取組の実践発表がなされました。

 終了後には「ザ・グランドパレス」で交流会が開催され百数十名の参加で和やかに行われ、多くの知人にも再開できました。徳島市は8月の阿波踊りを控えて各所で踊りの練習が行われており、ホテルへの帰途には徳島駅前での練習を見物。徳島らしい夜を過ごしました。

 

2019年7月27日 (土)

メーターが123456km

7月25日(木)☀:午前は高知医療センターに足を運びました。というのは虫歯となっていた左下の奥歯を抜糸しないといけないと町内の歯科医の診断があり、悪性リンパ腫治療後の感染症予防薬を服薬していることを伝えると医療センターでの治療を紹介されたものです。

 医療センターでは口腔外科の診療で、口内のレントゲン撮影後に抜糸を。抜歯時及び抜歯後もあまり痛みがなく一安心。調剤された化膿止めと痛み止め薬をもらって昼過ぎに自宅に。Dsc00826

 この日はやっと梅雨明けとなり、遅い昼食後は冷房の中でゆっくりした時間を過ごしました。化膿止め薬は食後に飲み、痛み止め薬は1回飲んだのみで、あとは時間が癒してくれると思います。Dsc00828

 高知医療センターからの帰途、高速道影野ICを出てR56に入ったとたんマイカーの走行距離が123.456kmに。7年3か月でこの数値ですが年間走行距離にしたら約17.000km。現職で労働組合役員をしたり、退職後NPO活動等で忙しかった時には年間23.000~25.000kmぐらい走行していたことを思うと少なくなったものの、高齢者としては結構な走行距離です。高齢者が交通事故を発生させたと謂われないよう安全運転を心掛けなければなりません。

2019年7月21日 (日)

静かな日曜日

7月21日(日)☔:昨日から小学校は夏休みとなり、孫守りに追われると思っていたものの、孫4人ともが外出し老夫婦のみとなり、参議院選挙投票後には老人クラブ若手委員会の「仁井田倶楽部」が初めて取り組む「モーニングカフェ」に出かけました。

 このモーニングカフェは仁井田倶楽部の今年度総会で企画されていたもので、今月から第3日曜日に開催する事なっていましたが、会場の仁井田町民会館が参議院選挙の投票所となっており、今回は開催場所を障害者支援施設オイコニア避難スペースに変更して行われました。この日は女性の手が不足したとかで、男性が調理をしたりフロアでかいがいしく動き何かアットホームな場面となっていました。

 午後は窪川四万十会館での「トリオ・リベルタコンサート四万十公演」に出かけました。このトリオは2000年に結成され、タンゴ演奏を中心とした活動をしており、7年前の四万十町公演に次ぐものです。

 Dsc00825 トリオは形にとらわれず、オリジナル曲はほとんどなく、各分野の曲を編曲して演奏し、新しい魅力を作り出しているとか。この日はクラシックからシャンソン・映画音楽・タンゴなどアンコールを含めて20曲を演奏し、観客から大きな拍手がなされました。メンバーの一人は四万十町出身で、知人の息子さんでもあり、今後の活躍に期待したいものです。前夜に引き続いて音楽を楽しめたことは幸せです。

義妹の一周忌

7月20日(土)☁☔:大雨の予報が外れ、午前は曇り空に。昨年に亡くなった義妹の一周忌に参列しました。祭事はルミエール四万十で行われ、親族など約40人が参列し厳かに執り行われました。
 20190720k3 その後は自宅近くの墓地に新たに建設した納骨堂に納骨を。八木本家に加え、分家の納骨堂が並ぶことに。雨にも合わず祭事が無事に行われ安堵しました。直会も滞りなく終わり参加者に感謝です。

 夜には窪川四万十会館でのジャズライブ「Kubokawa Music cafe 2019 Special Jazz Session in 四万十会館」に足を運びました。四万十町在住のテナー奏者山地高さん率いるグループの公演。会館のロビーコンサートですが迫力満点。奏者と距離が近いことがベストです。

 20190720k1 1部では夏らしく「サマーナイト」「イパネマの娘」「マシュケナダ」などの演奏とパワフルなボーカルが。そして2部ではセッションが行われ、県内の奏者が入れ替わり演奏を。久しぶりにジャズを楽しみました。生演奏は素晴らしい。

 

2019年7月19日 (金)

不登校をテーマに

7月16日(火)☁☔:3連休後の夕方「認定NPO法人NPO高知市民会議」が主催する「まちづくりトークカフェ」に参加しました。このトークカフェは市民会議の理事が交代で責任をもって毎月開催しているものです。

 この日のトークカフェは、「不登校から見えてきたこと」がテーマで、NPO法人GIFT副理事長田埜恵美さんが講師となりじ実体験を題材にして講話が。不登校で苦しんでいる子供への向かい方など「子供の姿は親の姿、子は親の鏡」としてとらえることの必要性。自身の子供が小学2年生から不登校となりともに苦しみ、自立に向けての成長まで不登校を受け入れる寛容が必要とのことも。

 トークカフェには10数名が参加し、2グループでそれぞれが意見交換を。自分のグループでは不登校児を抱えて悩んだ母親や当事者が同席しており、悩ましい話も。

 この場に来れたのは不登校問題を克服した方々で、不登校問題は入口で、発達障害・引きこもり・未就労そして8050問題へとつながる要因となります。不登校になりながらこの問題を克服した母親の姿に素晴らしいものを感じました。数十年前には不登校現象は見られませんでしたが。

 一連の問題がまだまだ母親と当事者のものとしか考えられていない現実を見たとき、民主主義が普及しながら男女共同参画社会構築には時間がかかると感じました。不登校児や不就労者を出さないことが8050問題の予防になるとの思いも。

 今年8月18日(日)には「不登校は不幸じゃないin高知」が13~17時の予定されており、高知会場は「地域の居場所:クルム」です。8月8日(木)13~15時には「小幡和輝と座談会」がプレイベント企画で開催されます。

 有意義なトークカフェでした。

2019年7月18日 (木)

不登校をテーマに

7月16日(火)☁☔:3連休後の夕方「認定NPO法人NPO高知市民会議」が主催する「まちづくりトークカフェ」に参加しました。このトークカフェは市民会議の理事が交代で責任をもって毎月開催しているものです。

 この日のトークカフェは、「不登校から見えてきたこと」がテーマで、NPO法人GIFT副理事長田埜恵美さんが講師となりじ実体験を題材にして講話が。不登校で苦しんでいる子供へ向かい方など「子供の姿は親の姿、子は親の鏡」としてとらえることの必要性。自身の子供が小学2年生から不登校となりともに苦しみ、自立に向けての成長まで不登校を受け入れる寛容が必要とのことも。

 トークカフェには10数名が参加し、2グループでそれぞれが意見交換を。自分の

2019年7月14日 (日)

第7回十和の里夏祭り

7月13日(土)☔:午後にはしまんと町社会福祉協議会が主催する「第7回十和の里夏祭り」に参加しました。

 会場はいつもの十和体育館で、前日から職員が準備に加え、事業の関係業者が協力していただいており、順調な進行が。

 20190713k 開会時刻の17時には多くの来場者が席につき、社会福祉協議会会長として開催挨拶をさせていただきました。2時間のイベントメニューでしたが、地域の保育所や住民の皆さんの参加で大いに盛り上がりました。また社会福祉協議会職員等の出番では拍手喝采があり、アンコールの掛け声も。地域の皆さんに喜んでいただきたい思いが伝わる出番でした。

 雨にもかかわらず多くのお客さんが来ていだいただいたことに感謝・感謝です。社協職員に歓送迎をしていただき頭が下がります。

 

 

八幡浜礒津地区社協から研修に

7月12日(金)☀:梅雨の晴れ間の1日でした。午前には八幡浜市礒津地区社会福祉協議会の役員の皆さんが小規模多機能ホーム香月に研修に来られました。Dsc00822 Dsc00823

 礒津地区は旧保内町にあり、八幡浜市においてはただ一つ瀬戸内海側とか。過疎地で人口が少なく子供も少ないようです。参加者からは小規多機能施設は必要だけれど、行政区の中心部に設置されており、周辺部は恩恵に効果がないとの声が。四万十町で考えると理想としては学校区規模でこのようはサービスが出来ればと答えるしかありませんでした。

 Dsc00821 Dsc00817 施設内を見ていただき、意見交換を行いましたが、来訪者からは地域交流室で行われている「地域食堂:みんなでごはん」が気になったのか質問が。地域交流の場として意義ある取り組みとしての手法などについて話をさせていただきました。

 小規模多機能ホーム香月の敷地内には花が咲いています。

水害現場を

7月10日(水)☁☔:研修2日目の朝はホテルをゆっくり出発し大洲市に。直産市の「愛たい菜」など商業施設のある「オズメッセ」で早めの昼食を。

 Dsc00808_20190714015801 Dsc00809 Dsc00810 午後は西予市野村町「乙亥会館」を訪れ、昨年7月7日にの野村ダム放流で町内が浸水した状況を館長から説明を受けました。町の中心部があっという間に濁流に呑みこまれ、5名の命が奪われ復旧に時間と労力が費やされたとのこと。ダムを管理する国土交通省は放流をした対応にはこの対応には謝罪などを表してないとか。人命を守るべき国の機関の姿勢として疑問があります。

 乙亥会館の研修後は西予宇和ICから三間IC経由で松野町・四万十市西土佐経由で四万十町に。高知県に入る頃から雨が激しくなり、四万十川は褐色となっており沈下橋は濁流にのまれていました。

2019年7月11日 (木)

十和地区民協研修旅行に

7月9日(火)☁:一泊二日の「四万十町十和地区民生児童委員協議会研修旅行」に同行しました。参加者は民生児童委員・行政職員・社協役職員の17名で四万十町バスを利用し、午前は高知市にある高知よさこい咲都合同庁舎内の「自衛隊高知地方協力本部」に。少し場違いの感もありますが、今回の研修目的は「防災と災害時の対応」で、災害時等における自衛隊の活動についてなどを研修しました。

 昼食はサンピアセリーズ。この場所は5月に実施した四万十町障害者連盟一泊旅行で宿泊した場所で、旧厚生省サンピア高知を現在では(株)轟組が経営しており、この会社の代表は以前からNPO関係で関わりの有る方です。

 午後は四国中央市に移動を。前日には昨年7月西日本豪雨水害で被災した大豊町内の高知自動車道が完全2車線に復旧し、スムーズな通行が出来ました。

 研修場所は四国中央市消防防災センターで、4年前にこの施設建設を行い、防災学習コーナーを設置したとか。震度1から東日本大震災時の震度7までの地震体験・消化体験・煙避難体験・瓦礫救助体験などを参加者全員で体験しました。この防災学習コーナーは子どもたちも取り組んでいるとのこと。Dsc00806 Dsc00805

 この夜の宿泊は松山市にある「ホテル奥道後:壱湯の守」。施設は20~30年前に利用した「ホテル奥道後」のままで運営会社が変わったままなのか。夕食は別館の「竹寿庵」で、和食コース料理をいただきました。

 この場は1次会で退席させていただき松山市中心街三番町にある「スナック:サンサロ」に。この店での待ち合わせ相手は在職中に勤務していた窪川郵便局の元上司。久しぶりの再会で一気にプレイバックに。このスナックは自分が労働組案役員をしていた頃によく利用したもので、なつかしさがつのります。スナックママとは同年代で子育ての経験も同時期にしています。同級生のような関係です。今年で店をはじめて43年とか、自宅に帰って確認すると開店15周年記念の砥部焼の花瓶が台所に。懐かしく眺めたものです。楽しい時間はあっという間で日付の変わる前にはホテルに帰還。缶ビールを飲んでベットの中に。Dsc00815

2019年7月 9日 (火)

今年度NPOフォーラムの検討を

7月8日(月)☁☔:午前は圃場の畔草刈りに汗を流しました。約1か月で稲に覆い茂るほどに伸びた雑草は手に負えません。

 午後は8月が誕生月のため、運転免許更新手続きで窪川警察署に。更新手数料2500円・交通安全協会費3年分1500円を支払い、視力検査と写真撮影で無事手続き完了。新免許証交付は8月16日です。

 夕方からは高知市市民活動サポートセンターでの「こうちNPOフォーラム準備会」に出席しました。この会は毎年開催しているNPOフォーラムの今年度実施に向けて高知県ボランティア・NPOセンター、NPO高知市民会議などNPO中間支援組織や前年のフォーラム実行委員などとの会議で、2020年当初での開催をめどに実行委員会を立ち上げて取り組むことを確認しました。

 Dsc00802 夜の高知城はライトアップされていますが、手前に見える高知県庁は照明が明々と。

2019年7月 6日 (土)

引きこもり支援の姿は

7月6日(土)☁☀:午前は小学1年生の孫NO3と畑に行ったりして時間を過ごし、早めの昼食後には高知市の高知県文学館で開催された「ひきこもり支援セミナー」に参加を。
 この会は「高知若者を元気にする会」主催で、知り合いのファイナンシャルアドバイザー石川さんのお誘い。京都府にある「NPO法人ニュートラル」スタッフである当事者町田氏が「ピアサポートとひきこもり体験談」をテーマに実体験をもとに約1時間のトークが。今ではひきこもり当事者と支援者の立場での活動をしているとのこと。自身は28歳まで引きこもりとなっており、現在50歳前とのこと。

 Dsc00796 Dsc00800 Dsc00797 Dsc00801 後半は参加者とのトークが。この会には当事者・家族・支援者・行政機関・マスコミなどの混在した参加者で、まだまだこの問題への共通認識が乏しいことを実感し、今後は垣根を越えて問題解決を目指すネットワークの必要性を感じました。当事者に自立支援をどうするのか重たい課題です。

 宿毛市のひきこもり支援のNPO法人代表者にも会うことが出来、問題解決に取り組む姿勢を共有できました。7日(日)午後に蔦屋書店で行われるトークの講師である、引きこもり支援第1人者山田孝明さんとも短時間ながら話が出来てラッキー。問題解消の取組は不登校児解消との思いが共有できました。

 

汗をかいた後は楽しい時間に

7月5日(金)☁:6月初めに田植えをした圃場にはヒエなど雑草が生えており、気になっていたので午前中は草引きに圃場に入りました。曇り空と言えども気温は高く、肌も焦げることに。 

 夕方からは5月に実施された「四万十町障害者連盟一泊親睦旅行」のスタッフ反省交流会が「居酒屋:味その」で行われ参加を。事務局職員からは参加者アンケートの結果がペーパーで示され、反省事項と来年に向けた課題や希望を共有することが出来ました。

 この会にはスタッフなど約20人が参加し、にぎやかに楽しい時間を過ごしましたが、途中でハッピーブライダルの報告がなされ、参加者は驚きとともに祝福の歓声が。過去は過去、未来に向けて幸せをつかんでほしいと思います。

 約3時間の反省交流会は大盛り上がりで、散会後には大正にある「やまびこ作業所職員」の好意に甘えて自宅に送っていただきました。この旅行を支えているスタッフのすばらしさは自慢が出来ます。酔っ払っての帰宅でした。

2019年7月 5日 (金)

梅雨の晴れ間に

7月4日(木)☁☀:早朝から地区の神原神社の参道や境内の掃除を。翌日行われる神社夏祭りの準備です。

 20190704k 九州地方は豪雨水害に悩まされていましたが、雨雲は東に去り、高知県地方は大した雨量もなく、午前には薄日が時折差す陽気となりました。社会福祉協議会・窪川児童福祉協会事務所に足を運んだ後は5月に古い墓の整理等を石材店にお願いしていた工事代金の支払いに。先代と祖父母・母とともに父が待つ納骨堂に合納されました。これも一つの終活なのか。

 Dsc00793 小学1年生の孫を学校に迎えに行くまでは、畑のモロッコ・ピーマン・きゅうり・ナスを収穫したり、テレビを見たりでのんびりした1日でしたが、夕方からは青空が顔を出し、梅雨明けのような天候に。梅雨も一休みなのか。

 

2019年7月 2日 (火)

今年も後半に

7月1日(月)☔☁:早くも半年が過ぎ7月に突入。梅雨らしい天候が続く中、九州地方では豪雨水害が発生しています。

 午前は窪川児童福祉協会・しまんと町社会福祉協議会事務所に足を運び、事務打ち合わせを。

 夕方には雨のやみ間に学校から帰った小学1年生の孫と野菜を収穫。孫はきゅうり・茄子・ピーマンを楽しそうに鋏を使って籠に入れ、自分はチンゲン菜・葉大根・レタスを収穫。野菜を洗った後に孫は新鮮なキュウリで酢モミを作ってほしいとのこと。その場には小学3年生の孫が宿題を見てほしいと。夕方のお爺は大忙しでした。

 夜には社会福祉協議会が行う初級手話講座の開校式に挨拶に。講師は大ベテランの秋田先生。10回シリーズの講座には約10人が参加し熱気あふれるスタートとなりました。3か月にわたる講座ですが参加の皆さんには終了まで頑張ってほしいものです。
 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »