« 管内民児童委員協議会総会後の交流会に | トップページ | 好天に恵まれ »

2019年5月12日 (日)

農福連携とは

5月11日(土)☀:午前はトウモロコシの苗を畑に移植。午後に高知市で行われる「こうち連携実践塾~農福連携が生まれた連携秘話を語り合う会~」に出かけよとうJR窪川駅に行くと10時過ぎの列車は「朝の地震の影響で上り特急列車が遅れている」とのこと。ひとまず自宅に帰り発車状況を見守り、11時前に乗車を。

 この日の午後は県民文化ホールでの研修会。安芸市を中心とした農福連携の内容ですが、自殺未遂者支援や地域と医療をつなぐ仕組み作りについての実践発表が行われました。地域共生社会を目指す中から「すべては当事者のために」との理念には感動を。言葉が先走るのではなく、実践に伴う形がどうあるべきか考えさせられる研修会でした。

 チーム安芸は中心メンバーである県福祉保健所職員の力量に依存していますが、今後は仕組みとしてどう機能するのかが課題と感じました。

 終了後には旧新阪急ホテル地下の「須崎魚河岸:魚貴」で懇親交流会を。日ごろ会う機会のない方々との交流は新鮮でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

を目指す中から

« 管内民児童委員協議会総会後の交流会に | トップページ | 好天に恵まれ »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 管内民児童委員協議会総会後の交流会に | トップページ | 好天に恵まれ »