« 別れの季節に | トップページ | NPO法人事務セミナーを »

2019年3月 9日 (土)

久しぶりの「喜楽」

3月8日(金):晴れたものの少し風の寒い日となりました。自宅の桜の木には蕾が見られます。

20190308k1  夕方から社会福祉協議会総務地域課長とともに須崎市にある「居酒屋:喜楽」で行われた「須崎ひまわり基金法律事務所披露パーティー」に参加しました。

 この会は2年間勤務した法律事務所弁護士の引継ぎを兼ねたパーティーで、管内行政関係者・社協関係者・司法書士会・検察庁・調停協会・司法支援センター、そして高知弁護士会・全国の関係法律事務所などから約70人が参加し和やかに行われました。

20190308k2

 退任する弁護士は東京に転属となり、新任弁護士は広島から。今後ひまわり基金法律事務所での活動となり、市町社会福祉協議会との連携事業にもかかわっていただきます。

 この場には過去に須崎市で勤務したひまわり基金法律事務所弁護士や、法テラス須崎法律事務所に勤務した弁護士なども参加し再会を喜びあいました。

 この場には楠瀬須崎市長も参加され挨拶を。市長のお父上には自分が在職中に郵政事業における社会貢献活動等についての政策提言にかかわっていただいており、お礼を兼ねてご挨拶を。お父上は積極的な社会活動が認められて昨年に叙勲を受けています。

 この「喜楽」は在職中にずいぶんお世話になった店です。玄関では店主が迎えていただき、当時の話をしながら挨拶を。また会場内では女将さんとの懐かしい話題も。

20190308k3  転出する弁護士は新潟県出身とかで、新任研修を行った新潟で、駆けつけていただいた方々の持参した酒をいただきました。香りが良く、呑み心地が良いこの酒は「越の白雁」で、新潟県弁護士会が安保法改正の際に出したメッセージ「おかしいだろこれ」をもじって「おいしいだろこれ」のラベルを貼って出しているものとか。

 一升瓶での酒を盃に注いでいただきましたが、店の女将さんや従業員の方はお酒好きとかで味を確かめていました。

 転出弁護士の新潟県における活動への感謝状が参加した新潟県県関係の弁護士から贈られ記念撮影を。

 転出弁護士と転入弁護士の活躍を願うものです。社協総務地域課長に送っていただき帰宅してのんびりしています。

 

« 別れの季節に | トップページ | NPO法人事務セミナーを »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「喜楽」:

« 別れの季節に | トップページ | NPO法人事務セミナーを »