« 呑まないおきゃくって | トップページ | 介護員初任者研修8名が合格に »

2018年11月23日 (金)

学校適正配置の将来像は

11月20日(火):昼前から家族の通院で高知大学付属病院に出かけました。何時ものように車での通院でしたが、今回から駐車場が有料となっており、通院患者でも100円の駐車料金が。

 すべてが機械化されており、入庫から出庫まで機械の指示通りの作業が出来なければアウトの様相でした。

 夜間は「第3回四万十町学校適正配置審議会」に出席しました。第1次の学校統合を経て9年。現在ある町内の小中学校17校を7校に統合するとの計画の審議です。

 19名の審議会委員での学校訪問・地域での意見交換会を経て、前回に続いての話し合いです。次回に町長諮問について答申骨子作成ができるかどうか微妙な状況です。

« 呑まないおきゃくって | トップページ | 介護員初任者研修8名が合格に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校適正配置の将来像は:

« 呑まないおきゃくって | トップページ | 介護員初任者研修8名が合格に »