« 北海道で最大震度7 | トップページ | 運動会で交流を »

2018年9月 8日 (土)

懐かしい人に

9月7日(金):新聞・テレビは前日早朝に発生した北海道での地震について大掛かりな報道がなされていました。

 午前は7月に亡くなった義妹の忌明けである50日祭に参列しました。会場はルミエール四万十で、親族など30人ほどが。神官さんによる祝詞に続いて玉串奉天を行い、その後は精進落しで会食となりまっした。

 午後には高知市にある高知会館での「平成30年度第2回高知県社会貢献活動支援推進会議」に出席しました。

 この会議は第4次高知県社会貢献活動支援推進計画策定のもので、対象期間が平成31年度から35年度となります。NPO法制定から20年となる今年、この第1次計画から推進会議委員として関わっています。

 今回の会議は今年度2回目でもあり推進計画素案・論点等について議論を行いました。進行の会長は県立大学地域教育研究センター長清原教授で、自分が副会長。

 論点では「取組の成果目標」について多くの意見が交わされました。NPO法人数で成果目標を計ろうとする素案に対して、委員からはNPO法や県計画のスタート時点では社会貢献活動団体の認識が任意団体かNPO法人かの選択の傾向が強かったが、現在では多くの社会貢献団体の選択の一つとしてNPO法人があり、社会状況の変化で任意団体・一般社団法人など多様なスタイルが加わって社会貢献団体が活動しているとのことが。

 委員の意見が反映される推進計画にまとめられ、年末に向けて素案のパブリックコメントの実施を行い、計画案の決定を経て県議会への報告・公表となる予定です。

 第1回会議には欠席したので今年度就任した担当課長である「高知県県民生活・男女共同参画課長」は10年ほど前にNPO担当チーフでもあり、久しぶりに懐かしい顔を拝見することとなりました。頑張ってほしいものです。

Dsc07082  社会貢献活動の定義がグローバル化する中、地域や社会を支える活動の展開を広げることが「社会貢献活動推進計画」の基本と思われます。

 夕方には窪川に帰り、社会福祉協議会の用務を。週末ゆえ決裁しておかないといけないことが。

 写真は高知県民文化ホール前から写した高知城です。

 

« 北海道で最大震度7 | トップページ | 運動会で交流を »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい人に:

« 北海道で最大震度7 | トップページ | 運動会で交流を »