« 8月子ども食堂1回目 | トップページ | 町老連会長表彰祝賀会に »

2018年8月10日 (金)

町内の学校適正配置は

8月8日(水):月遅れの盆が近づき、午前は妻とともに先祖の墓掃除に汗を流しました。墓地に茂っていた雑草を草刈り機で刈り払い、納骨堂周辺の雑草を引いたりですっかり綺麗になりましたが、刈り払った雑草の始末が残りました。

 午後から夜間にかけては会議等が重なっており、優先した会議である「第1回四万十町学校適正配置審議会」に出席しました。

 この審議会は町長の諮問に応じ、四万十町学校適正配置計画の策定及び実施に関し、必要な調査並びに審議を行い、その結果を町長に答申し、又は建議するっことが任務となっています。

Dsc07002  委員は児童生徒の保護者・区長会の代表者・学校長・学識経験者・公募委員など22人以内で構成されており、この日は開会後自己紹介ののち町長から委嘱状の交付が行われ、審議会会長に高知工科大学教授中村委員が、副会長には10年前に審議会委員を務めた自分が選出されました。

 今後は四万十町内における小中学校の適正配置について検討することとなりますが、少子高齢化が進行する中での将来展望をどう開いていくのか、学校適正配置のみならず町の将来について考える機会となります。町が示している総合振興計画や人口ビジョンなどとの整合性も加味しながら検討しなければならない課題です。

 夕方には中土佐町社会福祉協議会会長・事務局長が「小規模多機能施設の運営と在宅福祉事業」についての現状について視察研修に訪れました。

 我が社協事務局長・事務局次長・在宅福祉課長から詳細な説明後意見交換と施設見学が行われましたが、資料提供を行うと言うことはこの事業への取り組みや将来展望を再認識することにもつながり、しまんと町社会福祉協議会にとっても良い機会となったと思います。

 視察研修後には懇親を兼ねて交流会を町内の居酒屋「古梵」で行いました。隣町の社協でありながら腹を割って話す機会が無く、我が社協にとっても有意義な懇親交流会となりました。来客を上り最終列車に送り、代行運転で帰宅しましたがすっかり酔っ払いに。

« 8月子ども食堂1回目 | トップページ | 町老連会長表彰祝賀会に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町内の学校適正配置は:

« 8月子ども食堂1回目 | トップページ | 町老連会長表彰祝賀会に »