« 草などが茂って | トップページ | ヒエ退治を »

2018年7月13日 (金)

津野町で意見交換会に

7月11日(水):前日に梅雨明けし夏の日差しとなりました。

Dsc06942  午前は暫く収穫していなかったミニトマトを汗になりながらボールいっぱいに。孫NO2が昨年秋に種を取っていて春に蒔いた朝顔がだいぶん伸びてきました。3歳の孫娘は象のカラチをした小さなジョウロで水を掛けています。

 午後には津野町役場庁舎での「平成30年度ブロック別市町村社協会長等意見交換会~高幡ブロック~」に出席しました。

 しまんと町社会福祉協議会からは副会長・事務局長や課長など6名が出席し、管内の5市町社協・県社協役職員26名が自己紹介し意見交換会が始まりました。

Dsc06940 今年6月には県社協会長が新しくなり、挨拶を受けました。会の始まりに当たって県社協事務局からせんじつに発生した豪雨水害に伴う災害ボランティアセンター設置や活動の報告が。

 県内では安芸市・宿毛市・大月町に災害ボラセンが立ち上がっているとのこと。また、愛媛県西部の水害が大規模であり、大洲市・西予市・宇和島市に香川・徳島・高知県内社協から災ボラ運営支援に入ることとなっており、高知県は宇和島市に。7月17日から8月19日までリレー方式で各市町村社協職員と県社協職員が関わることとなりますが役員の出番はないようです。Dsc06943

 協議・意見交換では、①「地域共生社会」の実現に向けた市町村の取り組みについて、➁社会福祉法人と連携による地域公益的な取組について、③社会福祉協議会職員の人材育成の取り組みについて、また県社協への要望などについて意見交換が行われました。

 会終了後には懇親会が近くの「みさや」で行われ、3時間弱懇親を深めましたがすっかり酔っ払いに。送迎してくれた職員に感謝です。

« 草などが茂って | トップページ | ヒエ退治を »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津野町で意見交換会に:

« 草などが茂って | トップページ | ヒエ退治を »