« 圧倒される大塚国際美術館 | トップページ | 災害ボラセン立上げ研修受け入れを »

2018年5月14日 (月)

新しい地域の姿を

5月13日(日):午後には「平成30年度仁井田倶楽部総会」に出席しました。この仁井田倶楽部は2011年に社会福祉協議会が仁井田地区の住民を対象に行った「仁井田小学校区生活支援サポーター養成講座」の修了生が中心となり4年前に組織されたもので、四万十町老人クラブ連合会若手委員会にも加入しています。

Dsc06764_2 おもな活動は仁井田小雨学校との連携事業や地域のボランティア活動などで、地域に対する思いや活動で地域の維持や活性化をはかっています。

 会員35名の半数以上が出席した総会は和やかに行われ、新年度の活動について全員一致で取り組むことが承認されました。小学校校区での地域維持や活性化のあり方のモデルと言っても過言ではありません。社会福祉協議会としてこの様な活動を町内に広めなければなりません。

Dsc06765

 総会後は料理と飲み物で懇親交流会が行われ、それぞれが地域に対する熱い思いを語りあいました。参加者の多くは40~50年前に青年団活動などを経験した方々で、今後の活動などに大いに期待が持たれます。この日は母の日でテーブルにはカーネーションの花が飾られていました。

« 圧倒される大塚国際美術館 | トップページ | 災害ボラセン立上げ研修受け入れを »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい地域の姿を:

« 圧倒される大塚国際美術館 | トップページ | 災害ボラセン立上げ研修受け入れを »