« 晴天に恵まれ27回目が | トップページ | 新しい地域の姿を »

2018年5月14日 (月)

圧倒される大塚国際美術館

5月12日(土):バイキング料理の朝食の後は、ホテルを後にして淡路7福神の一つである護国寺に足り寄りました。布袋さんが迎えてくれて参加者は並んで記念撮影などで盛り上がっていました。

Dsc06742  その後はこの日のメインである鳴門市の大塚国際美術館を訪ねました。開館20周年となるこの施設は、古代壁画から世界25か国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで至宝の西洋名画を原寸大で1000余点、オリジナル作品と同じ大きさで複製されており、この場で世界の美術館が体験できます。

 会場は古代遺跡や教会等の壁画を環境空間ごとそのまま再現した臨場感を味わえる立体展示となっています。

 この日はゴッホのひまわりの企画展示が行われており、センターホールでは一面ひまわりが飾れていました。約100室に多くの絵画等が展示されており、目をみはるばかりでした。昼食を兼ねて3時間弱の滞在時間でしたが素晴らしさに圧倒されました。Dsc06748

 滞在後の帰途は高松道を利用して津田の松原SAに立ち寄り、豊浜SA・南国SAで休憩し18時前にしまんと町社会福祉協議会本所に帰ってきましたが、天候にも恵まれ参加者に喜ばれる旅行になりました。

 

« 晴天に恵まれ27回目が | トップページ | 新しい地域の姿を »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圧倒される大塚国際美術館:

« 晴天に恵まれ27回目が | トップページ | 新しい地域の姿を »