« そろそろそんな年なのか | トップページ | 決算監査の時期に »

2018年5月22日 (火)

相続と遺言

5月22日(火):午前は社会福祉協議会・窪川児童福祉協会事務所に立ち寄り用務を。

 午後は社会福祉協議会主催の「四万十町民講座」を四万十町役場東庁舎で行い、開会挨拶に出かけました。この講座は社会福祉協議会の法律相談や弁護士制度の理解のため行っているもので、窪川地区では初めての開催です。

Dsc06805  講座には法テラス須崎法律事務所・須崎ひまわり基金法律事務所から3名の弁護士さんにおいでいただき、「誰でもわかる!!相続と遺言」をテーマに講話と寸劇でやさしい講座となりました。

 参加者は20名近く、高齢者が多く講座後には今回のテーマに沿っての質問がなされました。相続は法律問題で誰もが関係するものとして予備知識が必要と感じました。

 夕方からは遅れていた農作業を。田んぼに水を溜めトラクターでの耕運を行いましたが、学校・保育所から帰宅した孫が運転をさせろと。運転席に同乗させての作業となりました。田植えまで10日余りとなり、準備を急がねばなりません。

 

« そろそろそんな年なのか | トップページ | 決算監査の時期に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続と遺言:

« そろそろそんな年なのか | トップページ | 決算監査の時期に »