« 認知症カフェがスタート | トップページ | 1日のんびりと »

2018年4月28日 (土)

高幡広域社協総会に

4月27日(金):午前は窪川児童福祉協会・しまんと町社会福祉協議会事務所に立ち寄り用務を。新年度スタートの4月は怒涛のように過ぎ去り事務局の苦労がわかります。

 午後からは須崎市で行われた「平成30年度高幡広域社協連絡協議会総会」に出席しました。現在はしまんと町社会福祉協議会が会長役となっており、自分が開会挨拶・議事進行を行いました。

Dsc06629  昨年度は社会福祉法改正による理事会・評議員会のあり方や社会福祉法人の地域貢献のあり方が論議され、今年度を迎えての総会でした。

 総会議題が終わった後には、高知県社協地域・生活支援課チーフから「地域福祉の推進と県社協の取り組み」について話題提供がなされましたが、社協強化方針(行動宣言と第2次アクションプラン)の説明では今後市町村社協が取り組まねばならない行動指針が示されています。

 続いて各社協の新年度方針等について情報交換が続いて行われ、津野町社協は地域担当制を導入して座談会等で地域福祉を進めるとのことが、、須崎市社協は社協事業のワンフロア化に取り組み住民ニーズに応える、梼原町社協は社協広報の手配りや生活支援コーディネーターの取り組みと法人後見事業、中土佐町社協は社協発展強化計画の実践の中から地域共生社会の具現化やあったかふれあいセンター事業を通して地域福祉拠点の展開や法人後見事業を。

Dsc06630 我がしまんと町社会福祉協議会は昨年10月から事業開始を行っている小規模多機能型居宅介護事業・法人後見事業・地域福祉計画の実践・社協基盤強化発展強化計画やエリア担当職員配置などの情報提供をさせていただきました。

 総会終了後には大間にある居酒屋「ますや」で参加者全員による懇親会が行われましたが、広域社協での取り組みは県内ではこの高幡地区のみで日頃の協力体制の重要性を実感しました。今回の総会に出席した各社協役職員は幹部クラスで忌憚のない意見交換と交流が出来ました。

 2時間の懇親タイムを経て帰宅し、入浴後は暫く意識不明に。気持ち良く酔ったひとときでした。

« 認知症カフェがスタート | トップページ | 1日のんびりと »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高幡広域社協総会に:

« 認知症カフェがスタート | トップページ | 1日のんびりと »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ