« 準備は良いか | トップページ | 高幡広域社協総会に »

2018年4月27日 (金)

認知症カフェがスタート

4月26日(木):午前は町役場十和振興局を会場にして行われた「平成30年度四万十町民生委員児童委員合同研修会」に出席しました。

Dsc06624  来賓の町長に続き、「地域共生社会実現を目指すなか、四万十町地域福祉計画実践に社会福祉協議会として体制強化をして取り組むので理解と協力を」と述べさせていただきました。

 研修会の前段では「今後の四万十町の老人福祉の取り組みについて」のテーマで、町健康福祉課長・地域包括支援センター西部支所長の講演がありましたが、今年度は地域福祉計画をはじめ高齢者福祉計画・障害者計画など多くの福祉関係計画がスタートする年であるので地域福祉全般の話があればベストだったと思いました。

Dsc06626  続く各地区からの事例発表では、窪川地区は東又小学校の加力指導と淡路市研修、大正地区は年2回の高齢世帯へのちらし寿司配り、十和地区は救護などについての活動発表がなされました。

 地域に根差した民生委員児童委員の活動については後半のグループ討議で課題や成果の共有が出来ました。

 今年の合同研修会は半日型でしたが、昼食は500匹の鯉のぼりが泳ぐ「こいのぼり公園」で交流会が行われ、晴天のなか季節を楽しみました。

 昼食後窪川に帰り、小規模多機能ホーム香月での認知症カフェ「しまんとオレンジカフェ」に参加しました。この事業は認知症の方や家族を支える地域づくりを目指して、認知症や介護等の相談に対する情報提供、助言等を行うもので、認知症の正しい知識の普及啓発や参加者同士の交流を目的としており、四万十町の委託事業に対応したものです。

Dsc06627  カフェ会場である小規模多機能ホーム香月地域交流スペースには香月が丘地区の高齢の方々や四万十緑林公園に散歩の来られた方などが訪れていただき、賑やかなカフェとなりました。次回は5月17日(木曜日)午後の開催となります。

 夕方には筍を掘りに行き、エコストーブで湯がくことに。孟宗竹の筍はもう終わりです。ここ1週間ぐらいは筍料理が味わえそうです。奥さん頑張って。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

20180426k

« 準備は良いか | トップページ | 高幡広域社協総会に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症カフェがスタート:

« 準備は良いか | トップページ | 高幡広域社協総会に »