« 高知大学地域協働学部成果報告会に | トップページ | 大雪警報が »

2018年2月13日 (火)

地域活性化フォーラム

2月10日(土):小雨の1日になりました。前夜は高知市で宿泊して午前に帰宅したものの、午後に県立大学永国寺キャンパスで行われた「第7回地域活性化フォーラム~支え合い・地域活動拠点と住民主体の地域づくり~」に参加しました。

 このフォーラムは高知県立大学地域教育研究センターが主催して行われているもので、今回は地域福祉計画を全市町村が策定するとともに、各市町村・地域で、共生型地域拠点や課題解決型活動拠点を活かしながら、住民主体の地域づくりに積極的に取り組んでいる社会福祉協議会や行政からの報告で、今後の地域づくりのあり方を考える内容となっていました。

Dsc06296  主催者である高知県立大学地域教育研究清原センター長の開会挨拶で始まりましたが、清原教授は高知県社会貢献活動支援推進会議のメンバーです。県立大学は「域学共生」の理念のもと地域協働を進めています。

 今回報告がなされたのは土佐清水市・本山町・佐川町の事務局長・次長からで、日頃の社協活動を地域に広く展開する中から、地域福祉計画・活動計画に展開するとともに、行政との役割分担を果たしているとの報告が。

 田中きよむ教授のコーディネーターで進められたパネルディスカッションにはそれぞれの行政職員が参加し、地域福祉計画等については住民計画ゆえ、行政・社協が役割分担を明確にして取り組む事が重要との結論に至りました。

 会場には200人弱の参加者が。四万十町からは行政の地域福祉コーディネーターが参加しており、やる気を感じましたが行政としての意欲は感じられません。

 前夜は高知大学地域協働学部上田学部長はじめ内田・玉里・鈴木教授との交流が出来、この日は県大清原・田中教授との出会いもあり、今後の社会福祉協議会活動に生かさない手はありません。

« 高知大学地域協働学部成果報告会に | トップページ | 大雪警報が »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域活性化フォーラム:

« 高知大学地域協働学部成果報告会に | トップページ | 大雪警報が »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ