« 小規模多機能ホーム香月に注目が | トップページ | 新しい活動が »

2018年1月26日 (金)

そろそろ活動展開に

1月24日(水):時折雪が散る寒い日となりました。

 午後は四万十町役場東庁舎で「四万十町生活支援体制整備第2層協議体(窪川地区)第3回話し合い」に参加しました。

Dsc06260 情報交換の大切なことは理解していますが、地域課題について解決する手段と仕組みについて具体的な話をする時期に来ていると思います。参加者からもそろそろ行動を起こすことが必要との声もありますが、役場側にはそのスピードが理解できていないように感じます。

 2月27日には、コンサルタントが入って窪川・大正・十和地区の合同で「第2層協議体」が行われますが、案内チラシには情報共有の文字が。具体的な活動展開へのアクションが感じられません。

 先日、小規模多機能ホーム香月へ視察に来られた香南市役所・香南市社会福祉協議会の方々に行政計画などに関わる際のプロセスについて話させていただきました。

 行政計画は策定が目的ではなく、それをどう実現させるのかがより重要で、住民にその計画を反映するための協働推進が喫緊の課題であると。例えば施設整備が行政計画に上った際には官民の役割を明確にするとか。もっと協働推進について関心を持ってほしいものです。

 この生活支援体制整備協議体の仕組みについては、地域福祉の原点に関わる取り組みであるにもかかわらず、担当者任せで行政としての責任ある思いは伝わってきません。

 現在「四万十町地域福祉計画」についてパブリックコメント受付中です。大いに意見を出してほしいものです。

 

« 小規模多機能ホーム香月に注目が | トップページ | 新しい活動が »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ活動展開に:

« 小規模多機能ホーム香月に注目が | トップページ | 新しい活動が »