« 本当に久しぶり | トップページ | 大正地区災害ボランティア研修会が »

2018年1月22日 (月)

悲しい出来事

1月20日(土):朝早くはサッカーの試合に出ると言う小学生の孫を須崎市浦ノ内にある「横波運動広場」に送り、小規模多機能ホーム「香月」に視察研修で来られた窪川地区民生児童委員の皆さんに挨拶を。須崎からの帰途には6年目となる愛車N-BOXが走行距離メーター10万kmを突破しました。まだまだ暫く頑張ってほしいものです。

Dsc06253 小規模多機能ホームという施設の認知は出来ていても事業目的や事業内容についてはまだまだ知られておらず、社会福祉協議会と関係の深い民生児童委員の方々に知っていただくことは有難いことです。

 夕方からは関係している障害者B型作業所に通所している方の通夜に参列しました。彼女は養護学校卒業後、新設された大正地区の障害者作業所に通所しており、作業所のムードメーカーの役割をしており、自分たちが訪れた際には手を握ってくれたりコーヒーを入れてくれたり、人懐こく関わってくれました。

 19日に突然死で28歳の人生を終えましたが、旧知のご両親の気持ちを思うと残念でなりませせん。障害者連盟一泊旅行の交流会では必ずビールをついでくれたり、カラオケで楽しく歌ったりで場を和ませてくれるキャラクターでした。ご両親の心中を察します。

« 本当に久しぶり | トップページ | 大正地区災害ボランティア研修会が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい出来事:

« 本当に久しぶり | トップページ | 大正地区災害ボランティア研修会が »