« 大正地区災害ボランティア研修会が | トップページ | そろそろ活動展開に »

2018年1月24日 (水)

小規模多機能ホーム香月に注目が

1月23日(火):午前は家族の通院で高知医大病院に出かけました。何時もですが病院駐車場は混雑です。順調に診察等が終わり、イオン高知に立ち寄ったのち帰宅。自宅から高知医大病院には車で約1時間、イオン高知から自宅までも約1時間で便利さを感じます。

 午後には香南市役所と香南市社会福祉協議会から小規模多機能ホーム香月に視察研修が。我が小規模多機能ホーム香月は県内の社会福祉協議会運営の第1号となるため、多くの団体等からの視察があります。

 香南市は第5・6期高齢者福祉計画に小規模多機能型居宅介護事業が計画がされたものの応募が無く計画がとん挫している状況とのことです。

 第7期計画で実施したい思いを持っての視察研修でしたが、厳しい介護保険関係事業のなかでは、事業所に丸投げではなく民間と行政との協働が重要との話をさせていただきました。その視点から考えると四万十町は住民協働の取り組みが遅れていると言わざるを得ません。今回の視察で地域福祉のあり方に気ずく点も多くありました。地域福祉の原点は「点ではなく面の活動展開」が重要と。

 四万十町では、新年度は地域福祉計画・高齢者k福祉計画・障害者計画などがスタートする年度となります。実効性のある計画と実践を展開しなければ。

« 大正地区災害ボランティア研修会が | トップページ | そろそろ活動展開に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小規模多機能ホーム香月に注目が:

« 大正地区災害ボランティア研修会が | トップページ | そろそろ活動展開に »