« ボランティアが一堂に | トップページ | 障害者連盟の日帰り旅行に »

2017年11月22日 (水)

県社会福祉大会に

11月22日(水):県立ふくし交流プラザでの「第68回高知県社会福祉大会」に町内の民生児童委員や社会福祉協議会役職員で参加しました。

Dsc06035  午前は開会行事と表彰式典で、県内から約500名の参加。主催は例年通り高知県・高知県社会福祉協議会・高知県共同募金会で、表彰等では知事表彰・社会福祉大会会長表彰と感謝・共同募金会会長表彰と感謝などで、250名余の個人・30余団体が受賞しました。

 午後のパネルディスカッションでは、「多様な福祉課題に向き合う地域共生社会を目指して~生きづらさを感じる人を見逃さない~」をテーマに溝渕千春さん(児童家庭支援センター高知みその主任相談員)・山本利恵子さん(こうち若者サポートステーション専門職員)・山本紘敬さん(地域生活定着支援センター主事)・川原千明さん(南国市社会福祉協議会あんしん生活サポートセンター主事)の4人が取り組みの事例報告を行いました。

Dsc06037 社会構造や生活形態の変化から、さまざまな福祉課題が絡み合って複雑化したりしている中で、県内の福祉関係者の研修です。

 高知県立大学田中きよむ教授のコーディネーターで多くの課題や事例の共有が出来、地域福祉の実践に役立つパネルディスカッションとなりました。

 今日は「いい夫婦(11月22日)」です。夕方のニュースでは街頭アンケートの結果、現在の夫婦関係に満足している夫婦が7割以上とか。しかし再び夫婦となるとしたら、お互いを選ぶとした方が4割弱だったとか。果たしてこのギャップは?さてさて我が夫婦は・・・・。ちなみに明日は結婚記念日です。

 

« ボランティアが一堂に | トップページ | 障害者連盟の日帰り旅行に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県社会福祉大会に:

« ボランティアが一堂に | トップページ | 障害者連盟の日帰り旅行に »