« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

久しぶりに赤熨斗を

9月30日(土):秋空の素晴らしい天候となった1日でした。午前は小学生の孫たちの守りをし、昼前には保育所に迎えを。なかなかお爺は忙しい時間を過ごしました。

20170930k1 午後は高知市のサンピアセリーズで行われたしまんと町社会福祉協議会職員の結婚披露宴に出席しました。

 この職員は安芸郡田野町出身ですが、縁あってしまんと町社会福祉協議会に就職し、地域福祉の仕事に従事し、これからの社会福祉協議会を担う職員として成長しています。

 今回地元四万十町に伴侶を得て永住することとなり、周囲から歓迎と祝福を受け、2人は仲良く素晴らしい家庭づくりに取り組むとの言葉を述べられました。素晴らしいカップルに幸あれと祈ります。

20170930k2 14時過ぎに窪川を出て、約3時間の結婚披露宴でしたが、アットホームな経過で上司としては嬉しい限りです。窪川着は22時となり、すっかり酔っての帰宅となりました。

計画の評価を

9月29日(金):10週間ぶりの高知医療センターです。約4年前に入院し8か月間入退院を繰り返し抗がん剤治療をした悪性リンパ腫の経過の検査を定期的にしています。幸いに経過はほ順調ですが、血液検査でγ-GTPと中性脂肪の数値が高いようです。心当たりがありますので気をつけねば。

Dsc05769 午後は「平成29年度第2回四万十町社会福祉協議会地域福祉活動計画推進委員会」に出席しました。

 この会には県立大学田中きよむ教授をアドバイザーに招き、これまでの計画推進について自己評価を行いました。その結果、まだまだ取り組みの弱さを露呈しましたが、田中教授の言葉を借りると、計画の推進状況を点検している行政や社会福祉協議会は少なく、四万十町社会福祉協議会の取り組みは素晴らしいと評価いただきました。

 今年度は行政計画である「地域福祉計画」の策定年度。地域福祉計画推進委員会の議論を活かさねばと思います。

Dsc05792

Dsc05770

 

2017年9月28日 (木)

支え合い地域づくりグループワーク

9月28日(木):10月1日から営業開始となる社会福祉協議会の小規模多機能ホーム香月はスタートに向けて準備に全力投球中です。

Dsc05758 午前には開設に向けて研修させていただいた、いの町にある小規模多機能型居宅介護事業所「新別の里」から管理者等4名が激励に駆けつけてくださいました。

 お土産と共に元気で明るい雰囲気を届けていただき、香月の職員もやる気満々になったことと思います。昼食時には職員の手料理でお客さんと食事をしながら意見交換や元気になる話など、賑やかに時間を過ごしましたが、新別の里管理者さんのパワーには圧倒されました。介護事業所の手本を示されたと感じました。

Dsc05761 午後は四万十町健康福祉課主催の「支え合いの地域づくりグループワーク」に参加しました。このグループワークは半月前に行われた「介護保険と高齢者の生活支援体制整備について」の講演会に次ぐ第2弾で、この時の講師である長瀬純治氏(さわやか福祉財団)の進行で行われました。

 グループワークには町内全域から60名余が参加し、5グループに分かれて①カードを使って自分の出来ること探し、②地域課題の発見、③課題の解決手法・・・などについて話し合いを行い、最後には各グループの発表が。

Dsc05766 コミュニケーションを大切にして助け合いの力の相乗効果の発揮、地域目線での解決手法の発見など、多くの声を共有しました。次回は「意見交換と第2層協議体の立ち上げに向けて」の話し合いが行われます。

Dsc05768

地域福祉計画に

9月27日(水):4人の孫を車で小学校と保育所に送った後、「平成29年度第1回四万十町第2期地域福祉計画策定員会」に出席しました。

Dsc05757  この度の策定委員会は、第1期計画の見直しと社会福祉協議会の地域福祉活動計画との一体的な策定が主な内容です。

 委員は15名で構成されており、各種団体役員や行政関係職員等で構成されています。すでにコンサルタントとの契約が行われており、今後策定内容に策定委員会や住民の声が反映できるのか興味深いものがあります。

 策定委員会に作業部会設置が位置付けられていますが、行政と社会福祉協議会のみとなっており、住民が参加する作業部会ではなく、今回の策定委員会で気が付かなかったことが悔やまれます。計画は11月に第2回の会議を行い、最終来年2月には答申予定のスケジュールが示されました。

 

2017年9月27日 (水)

町内施設めぐりに

9月26日(火):1日かけて「四万十町老人クラブ連合会若手女性部」主催の「町内の施設めぐり研修①」に社会福祉協議会会長として同行しました。

Dsc05744  町のバスを貸し切り、30人弱が研修に。最初に訪れたのは、「四万十町汚泥再生処理施設若井グリーンセンター」で、3年前に建設された施設での処理状況などについて担当の方から説明を受けました。人口減少の影響もあるが、し尿処理量が減少し浄化槽汚泥処理量が増加しているのが昨今の状況のようです。現在は日立造船株式会社に運営委託されているとのことでした。

 続いて訪れたのは「クリーンセンター銀河」で、ここはごみ処理施設として平成15年に建設されており、焼却施設・リサイクルプラザ・浸出水処理施設・埋立貯留施設からなっており、荏原製作所が10名以上の従業員で運営しているとか。

Dsc05748  昼食は昨年3月にオープンした「集落活動センター仁井田のりん家」で、手作り弁当をいただきました。食後には台所部会責任者から活動などの紹介がなされましたが、宅老スペースには中秋の名月に向けての工作物が準備されていました。このセンターは7年前に影野小学校区で社会福祉協議会が開催した生活支援サポーター養成講座がきっかけとなっており、四万十町における住民主体の地域自治活動のモデルと思っています。

 その後には「障害者支援施設オイコニア」の施設研修と見学を行いました。この施設には開設当時からボランティアや役員で関わっており、ご利用者の懐かしい名前を拝見したことでした。

Dsc05751  この日の最後には10月より社会福祉協議会が運営を始める「小規模多機能ホーク香月」に。新しい施設を見ていただき、在宅福祉課長から事業説明を受けました。

Dsc05753  老人クラブ若手女性部の活動第1弾でしたが、部長さんの積極的な取組で素晴らしい研修となったようです。次回は男の料理教室を行い、男性が料理をしている間に研修②を企画するとか。動き出した女性のパワーは止められないアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!。

Dsc05755

 

2017年9月25日 (月)

秋がいっぱい

9月25日(月):9月も下旬となり朝夕すっかり涼しくなってきました。

Dsc05731 午前は短時間社会福祉協議会事務所で用務を。秋本番となり、今が稲刈りの真っ盛りとなっています。我が家は田植えを遅らしたため来月上旬が稲刈りの予定です。

Dsc05732

 自宅の金木犀は香り、田岸には曼珠沙華が咲いています。夕方には保育所から帰宅した4歳の孫と農道をサイクリングして快い時間を過ごしました。2歳の孫娘は昨日あたりからキックバイクに乗りはじめ目が離せなくなりました。孫たちの成長は嬉しいもののお爺にはプレッシャーとなります。

Dsc05730

2017年9月24日 (日)

久しぶりの矢井賀モーニング

9月24日(日):朝のうち久しぶりとなる中土佐町「矢井賀を良くする会」が運営す「モーニングサービス」に志和経由で出かけました。

Dsc05725  「蜑の里やいが」の活動拠点である旧矢井賀小学校に足を運ぶと建物は閉じられており、もしかしてと思い矢井賀高齢者コミュニティセンターを訪ねるとモーニングサービスが行われており安堵。

 運営スタッフに聞くと小学校施設には空調設備が無く、夏場はこのセンターを使用しており、10月からは元の小学校に戻るとのことでした。

 矢井賀地区には中土佐町が町村合併したのちに、地域活性化のサポートでNPOの立場で関わりました。地域の女性で構成する「矢井賀を良くする会」の活動を発展さすため、話し合いや研修を重ね、月1回の高齢者コミュニティセンターでのモーニングサービスの取り組みをスタートさせ、のちには「一の市」と称して地元産物等の販売も始めました。

 そして約5年前にはこの取り組みは発展して「蜑の里やいが」として活動がされていますが、この高齢者コミュニティセンターでのモーニングサービスは継続しているとのことでした。

Dsc05726_3  開設当初からの方々も元気に活動されており、懐かしく話が出来ましたが、抱えている課題は運営する者の高齢化であると話されました。

 しかし、この取り組みは今月9日に10周年記念事業を行うことが出来、蜑の里の取り組みは今年12月には5周年を迎えるとのこと。

 当時の話し合いで、「今の矢井賀地区の振り返り」「10年後の矢井賀地区を展望」「そして今何ができるか・地区をどうしたいか」などを出し合い、その結果集いの場としての高齢者モーニングサービスにたどり着き、活動が継続・発展してきました。末長い取り組みに期待したいものです。

 昼前からは窪川小学校の運動会に出かけました。1年生・3年生の孫が通っており応援に。曇り空で絶好の運動会日和でした。久しぶりに見た知人の息子さんはたくましく育っており嬉しく思いました。

Dsc05729

しまんとワイワイ市場に

9月23日(土):第4土曜日は町内ポケットパークでの「しまんとワイワイ市場」の開催日で、この日には大正中学校のジャズオーケストラが出演で聴きに行きました。

20170923k  いつものように素晴らしい演奏に聴き入りましたが、3年生が何人かいるとのことで、来年以降の活動を危惧するとともに期待もします。

 何店かテントの小間が出ていて、知り合いも多く彼岸の中日故おはぎを買って帰り神棚に供えました。

 午後は社会福祉協議会現職理事の葬儀・告別式に参列しました。まだ69歳で、高齢者問題等にも精通した方でもあり残念です。ご冥福をお祈りします。

2017年9月23日 (土)

内覧会を

9月20日(水):この日は1日中小規模多機能ホーム香月の内覧会が行われ、佐川町社会福祉協議会からも見学に来られました。また、多くの町民の方々も来られ、この事業への関心の高さがうかがえました。

Dsc05714  経営的には厳しい事業と言われてきた小規模多機能型居宅介護事業ですが、時代の変化からニーズが高まってきたとの情報もあり、丁寧な事業運営が求められます。

 夜間には大正轟崎地区ふくし懇談会に出席しました。小学6年生から高齢者まで25人ほどが参加していただきました。区長さんと職員の熱心な取組に感謝です。

Dsc05723

小規模多機能ホーム香月落成

9月19日(火):2月に起工式を行い建設した「社会福祉協議会小規模多機能ホーム香月」の落成日で、午後には施設において落成式典を。

Dsc05713  式典には行政関係者・地域住民・施工業者・社会福祉協議会役職員など約40名が出席し、神事ののちお礼のあいさつをさせていただきました。続いては落成を祝ってもち投げを。多くの方々に拾っていただきました。事業の発展と無事故を願うものです。

Dsc05715

 夕方からはJA四万十農協会館での落成祝賀会を開催し、多くの方々に祝福していただきました。町内では初めてとなる小規模多機能型居宅介護事業ゆえ、住民福祉に寄与する事業に育てねばなりません。職員等の奮闘に期待します。

Dsc05718  この夜は久しぶりに2次会に足を運び懇親を深めました。

2017年9月19日 (火)

台風一過

9月18日(月):この日は敬老の日で祝日。保育所・学校は休みのためお爺・お婆の出番です。

Dsc05709  やんちゃ盛りの孫4人の子守には敬老どころか虐待の日です。孫の両親は仕事のため、小学生の孫はゲームなどで遊ばせ、保育所に通う孫は昼寝をさせたり外での遊びに付き合ったりで、お爺・お婆はお疲れの敬老の日でしたι(´Д`υ)アセアセ。

台風18号が

9月17日(日):随分以前から予報されていた台風18号が襲来しました。東シナ海で方向を北東に変え、この日の午前には鹿児島県東九州市に上陸したのち、豊後水道を進んで宿毛市に上陸。

 そして高知県を横断して近畿方面に進みました。昼前から数時間時折風雨が強い時間もありましたが、前振り程強い台風でもなく、夜7時過ぎには雨が止み、深夜には星が見えるほどに。稲などへの影響は少なく、ほっとしたことでした。

2017年9月17日 (日)

伯母の1周忌を

9月16日(土):昨年9月17日に99歳で亡くなった伯母の1周忌を町内の葬祭場の1室を借りて行いました。

 伯母は配偶者が亡くなった後には20年余りにわたって独居生活をしており、亡くなる1年ほど前には高齢により生活支援が必要となって甥・姪たちで見守っていましたが、100歳を前に他界してしましました。

 この日の1周忌には県内の甥・姪13人が参列し、祭事の後には車で10分の距離にある墓地にお詣りを。

 台風18号の影響を心配していましたが、小雨で風もなく墓地での祭事も無事終了しました。今後は永代供養に向けて取り運ばねばなりません。

 直会では十分な懇親が出来、近い将来における再会を誓いました。

小規模多機能ホーム香月の落成式準備が佳境に

9月15日(金):今月19日に予定している「小規模多機能ホーム香月」の落成式に向けての最終チェックの日でした。

 2月に起工式を行い、8月末に完成し建物検査を終え、引き渡しが行われ、今は10月の営業開始に向けての準備期間です。

 この日には19日の落成式に向けての準備が進められていました。この事業を行う施設のトレードマークであるサインが取り付けられたり、半月後に向かえる開設日に向けて職員の研修など取り組みが続きます。

 台風18号の接近が心配される中、落成式には好天であってほしいと願っています。

2017年9月16日 (土)

集活センターみなみに

9月14日(木):午前には庭木剪定等をお願いしていたシルバー人材センターの方が来て下さり作業を。

 作業をお願いした後には用事で昨年9月に亡くなった伯母の家のある中土佐町大野見に出かけました。

 往路は四万十川沿いの県道19号を利用。途中大野見竹原にある「大野見集落活動センターみなみ」の前を通りががると、「いらっしゃいませ」ののぼり旗があり、立ち寄ったところ、まだ営業をしておらないけど入ってコーヒーでも飲んで行きなさいとの事。

 話をしていると、このセンターは今年3月にオープンし今は活動に向けて具体的な準備をしているとのことでした。振り返れば中土佐町・大野見村合併の11年前には大野見北地区の自治組織結成に関わり、その後大野見南地区の自治組織作りにもNPOの立場で関わりましたが、北地区のように成果を残すことが出来ませんでした。

 この日にお会いした集落活動センターの役員さんはその当時のことを記憶されており、運営している「みなみの明日を考える会」会長さんは中土佐町で勤務する娘の友人のお母さんでもあり、地域活動などの話で盛り上がりました。この日に開所していたのは会の役員・県担当者・町担当者との話合いが予定されていたとのことでラッキーでした。

 帰って調べてみると、この集落活動センターは旧大野見南小学校のエリア5集落で構成されており、66世帯・127人が住んでいるようです。50%を超す高齢化率ですが、高齢者で地域をさせる活動を展開したいとの会長さんの言葉が印象的でした。

 伯母の1周忌は伯母の自宅では行わないために位牌と遺影を自宅に持ち帰り、当日に備えました。

2017年9月13日 (水)

明成会理事会に

9月13日(水):今年度引き受けた社会福祉法人明成会の29年度第3回理事会に出席しました。

 オイコニアで行われたこの理事会での議案は補正予算と各種規定の改正で、原案通り承認されました。障害者支援施設・高齢者デイサービスセンター・障害者グループホーム・介護支援事業・配食事業等を行っており、全体では比較的順調に運営できています。

 明成会は開設20年を経過し、暫くのあいだボランティアや法人役員として関わっていましたが、ここ数年関わりが無くなっており、今春から再び役員となっています。開設当時に採用された職員は法人役員や中堅職員となり、また知り合いのご利用者は年齢を重ね障害が重度化していました。久しぶりに再会した知人のご利用者は家庭環境も変わっており、時間の経過を感じました。

 夕方には隣町に住む娘夫婦に孫たちと今年初めてとなる栗ご飯を届けに。片道20分弱の時間なのにやんちゃな孫3人は車の中でワイワイガヤガヤと、連れてきたことを後悔でした。あげくには帰途で眠ってしまう者もいて反省しきり。

 台風18号が南西諸島付近で発達しており、今は南西に進路をとっていますが、週末には東に進路を変えて日本上陸の様相が。17日には高知県に最接近との予報で警戒が必要となります。町内では稲刈りが始まる時期でもあり、台風の影響が大いに心配です。

2017年9月12日 (火)

支え合い地域づくりセミナーに

9月11日(月):午後は四万十町役場東庁舎多目的ホールでの「支え合いの地域づくりセミナー」の参加しました。

Dsc05705

 このセミナーは四万十町健康福祉課が主催して行われたもので、介護保険事業の展望が不透明となるなか、「目指す地域像に向けた地域の基盤づくり~地域におけるそれぞれの役割~」をテーマに、公益財団法人さわやか福祉財団から長瀬純治氏(ふれあい推進事業新地域支援事業担当リーダー・社会福祉士)を講師にしての研修会でした。

 会場には150人以上の地域福祉活動関係者が参加し、講師の話に聞き入りました。国は少子高齢化が進行する中、医療・介護保険での住民福祉に限界があり、「生活支援・介護予防」分野に住民の参加参画を求めており、「新地域支援事業における地域の基盤づくり」についてさわやか福祉財団が国の施策を先取りしながら取り組んでいるとのこと。

Dsc05704  住民主体の柔軟な取組と言いつつも、四万十町では第1層(行政区))構築についても住民に理解の場が無い中、第2層については窪川地区と大正・十和地区と設置を目指しています。

 今年度策定する町地域福祉計画や総合振興計画との整合性など自治基本条例にある住民主体の地域自治の方向性にどう向かうのか。「住民主体」が地域自治活動で試されそうです。社会福祉協議会としては従来から取り組んでいる校区における生活支援サポーター養成講座を通して地域福祉活動の充実を図らねばと思います。

 

2017年9月11日 (月)

防災訓練を兼ねたサポータ養成講座に

9月10日(日):後1ヶ月以内には稲刈りとなるため畔の草刈りで汗を流した午前でした。これまでは雑草の成長が凄かったものの、この時期となると少し成長が緩やかのなった気がします。

Dsc05684  午後は旧丸山小学校体育館を会場に「丸山地区生活支援サポーター養成講座」を開催しました。この講座は5回目となり、今回は丸山地区自主防災会主催の研修会及び防災訓練とドッキングしての開催となりました。

 前半の生活支援サポーター養成講座では地区内にあるデイサービスセンター「緑林荘」の職員による劇と講演・実技での高齢者へのサポートについての演習が。在宅で高齢者を支える取り組みや車いすを使った介護方法などを学びました。

 後半は災害初動期(ファーストミッションCARD)の訓練、整備済み資機材の管理に取り組み、学校教室内の整備・備品の仕分け作業などの確認を行いました。

Dsc05689  防災訓練等が終わった後には参加者によるお楽しみ抽選会が行われ、当選者以外の皆さんには社会福祉協議会からのプレゼントとして景品提供を。地域の方々や子供たちが参加する防災訓練として今後も続けてほしいものです。

 研修会・防災訓練終了後には、炊き出し訓練(バエリア)・懇親会(バーベキュー)で参加者の交流が行われ、地域住民・町職員・県職員そして社会福祉協議会職員らとの懇親が。地域が自主的に活動を考える力を持つことの重要性を実感し、訓練を兼ねた交流会になりました。

保育所敬老会に

9月9日(土):素晴らしい秋晴れとなりました。

 午前は孫が通うくぼかわ保育所の敬老会に参加しました。園児が140名余の保育所ゆえ、会場となるホールはお爺・お婆で満席で、それぞれの孫たちの発表や出し物に拍手喝采。

Dsc05645_2  我が4歳児と1歳児組の孫も手遊びや歌唱でアピールをと期待しましたが、お爺の期待通りとはならず、少し拍子抜けが。自宅での元気はどこへやら。

 昼食代わりのおはぎをいただき解散後は、4歳の孫は婿の母親宅に。1歳の孫娘は保育所で滑り台やブランコで遊んだあと疲れたのか帰途では車の床に座ったまま昼寝タイムに。午後は小学生の孫守りもあり、疲れた1日でもありました。。

2017年9月10日 (日)

若手高齢者スポーツ交流会に

9月8日(金):高幡広域社会福祉協議会エリアにある梼原町・津野町・中土佐町そして四万十町にある老人クラブに加入している若手高齢者スポーツ交流会に参加しました。

Dsc05620  会場は四万十緑林公園内の屋根付きゲートボール場で運営スタッフを含め約200人の参加。開会式では主催者あいさつに続き、地元社会福祉協議会会長として挨拶をさせていただきました。来賓で参加された高知県立大学田中きよむ教授はユーモアある挨拶を。

 続いてグランドゴルフ・ウオーキング・軽スポーツ・新聞バッグづくり・歴史探訪のグループに分かれて活動を。自分はウオーキング組に参加し、高岡神社(五社様)への約3キロ余りの道のりを歩きましたが、天候も良く気持ち良い汗をかきました。

 昼食は各町の皆さんが焼肉・アメゴ焼き・各種おむすび・漬物や多くの料理を準備していただきました。生ビールも販売されており、楽しい食事会でもありました。

Dsc05634  まだまだ現役の高齢者、地域づくりの主役として活躍してほしいものです。

ミニサロン交流会が

9月7日(木):この日は社会福祉協議会が窪川地区の9か所で行っている「ミニサロン交流会」が四万十町社会福祉センターで行われました。

Dsc05618  会場には約50人が参加し、社会福祉協議会職員の指導のもと手作業での工作物を制作し午前の部が終了。

 昼食は窪川地区食生活改善グループの皆さんの白ごはんによるお弁当。みそ汁は薄味ですが美味しくいただきました。追加で生姜ごはんの提供もあり、これも美味しくいただきました。この交流会は初めてで、今後も続くことを期待します。

 午後には四万十町交通安全町民会議が町役場東庁舎で行われました。秋の交通安全運動について話し合いが行われました。27日(水)には榊山町の国道56号沿いでドライバーサービスが行われます。

2017年9月 2日 (土)

民生委員制度創設100周年記念大会に

9月2日(土):「民生委員制度創設100周年記念大会高知県民生委員児童委員大会」が県民文化ホールホールオレンジホールで開催され、四万十町の民生委員児童委員の皆さんと参加しました。

Dsc05613  民生委員制度は、人々の防貧を目指し、大正6年に岡山県で創設された救世顧問制度に始まり、大正7年に大阪府で創設された方面委員制度が全国に広がり、戦後、民生委員制度と改められ、本年100周年の節目となったものです。

 開会行事に引き続き、尾崎高知県知事からは「日本一の健康長寿県構想について」基調講演がなされました。県知事からの約1時間にわたる地域福祉政策についての講演が参加者に共感を得ました。

 午後のシンポジウムでは「民生委員児童委員のこれまでとこれから」をテーマに進行が。高知大学地域協働学部玉里教授の進行で5名のシンポジストが討論をしましたが、それぞれの議論には格差があり、少々幻滅も。

Dsc05615  最後には「民生委員制度創設100周年記念 民生委員児童委員活動推進アピール」を採択し、閉会しました。今後における地域福祉活動は住民参加参画の活動を中心に進める必要性を実感した大会でもありました。

 

評議員会でワーク

9月1日(金):10月営業開始となる小規模多機能型居宅介護事業に伴う採用職員の辞令交付を行いました。正職員の異動と臨時職員パート職員採用の辞令を。社会福祉協議会職員の意識を持ちつつより良い新規事業に取り組んで欲しいものです。

 その後は社会福祉協議会評議員会に出席しました。今回の評議員会は小規模多機能型居宅介護事業を定款の事業目的に追加する定款改正と、今年度第2回目となる補正予算が議案で、原案通り決定いただきました。

Dsc05610  議案が少なく1時間ほどで評議員会が終了したため、評議員の皆さんに協力いただき、今年度策定する「四万十町地域福祉計画」への資料となる地域の課題や四万十町の福祉の姿等についてワークショップをしながら意見集約を行いました。

 過疎化や若年層の減少等課題が多い中でも、健やかに安心して暮らせる地域づくりを目指したいとの声を聞くことが出来ました。評議員は町内の幅広い方々に委嘱しており、多様な意見が出されたことは意義があります。今後も住民の多様な意見を地域福祉の活動に生かさねばなりません。

Dsc05612

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »