« 四国地域福祉実践セミナーに | トップページ | 夜は高知市に »

2017年7月27日 (木)

2日目が

7月23日(日)炎天下の「第15回四国地域福祉実践セミナー」2日目。

 前日に行われた分科会の報告の後は、大橋謙策氏(特定非営利活動法人日本地域福祉研究所理事長)の総括講演がなされました。

Dsc05440  大橋氏は、地域福祉について「福祉サービスを必要としている人を発見し社会生活上において各種の脆弱性を有いている人と信頼関係を築き、自立生活を支援するという社会福祉の新しい考え方であり、時には地域で必要な福祉サービスを開発することにも関わる。

 地域自立生活支援においては、地域住民のエネルギーがプラスにもマイナスにも働くので、地域住民の社会福祉意識改革及び地域の脆弱性を有する人を排除することなく、発見し、包含させる活動に住民が参画する地域づくりが重要となる。・・・と話されました。

 エンディングでは来年の香川中讃ブロック開催を確認しました。昼食は市内にある「道の駅:八幡浜みなっと」で自由食を。休日ゆえ賑わっていた道の駅でした。

 帰途は往路と逆コースでの行程となりました。参加の皆さんにお疲れ様でした。

« 四国地域福祉実践セミナーに | トップページ | 夜は高知市に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2日目が:

« 四国地域福祉実践セミナーに | トップページ | 夜は高知市に »