« 民生委員児童委員合同研修に | トップページ | 庭にツツジの花が »

2017年4月27日 (木)

久しぶりに映画を

4月26日(水):早めに昼食を摂り、私用で高知市に。小雨の1日となりました。

 夕方までの待ち時間があり、まずイオン高知の本屋に立ち寄り、トラベルミステリーの文庫本を買い、続いては久しぶりとなる映画観賞をあたご劇場で。

20170426k  この日の上映は原作が青柳裕介の「土佐の一本釣り~久礼発 17歳の旅立ち~」で中土佐町ロケで初作のリメイク版となっており、高校を退学となった順平が大好きな八千代と共に今を生きる若者を描いていました。

 順平に中島広稀、八千代に森永沙良、そして渡辺大・阿藤快・山田邦子・吉村比呂・中越典子・六平直政らが脇を固めています

 劇場の入場料は千円ですが、シルバー割引で800円となり高齢者の姿が多くみられました。この映画の上映は5月5日までとなっていますが、懐かしい感じで鑑賞できる空間です。

 夕方からは四万十町社会福祉センターで、5月12・13日に予定されている四万十町障害者連盟1泊旅行のスタッフ打ち合わせ会が行われ参加しました。 

 この1泊旅行は20数年間続いており、今年は岡山県・広島県方面を計画しており、1日目は倉敷美観地区を散策し宿泊は尾道市御調町の「尾道ふれあいの里」に。2日目はしまなみ海道沿いの大三島の耕三寺等を観光することに。

 打ち合わせにはボランティア・福祉施設職員そして社協職員ら10数名が出席し、綿密な話し合いが行われました。経験豊富なボランティアスタッフ・施設職員と今回初めて参加となるボランティアスタッフ・社協職員らとの息も合った打ち合わせはスムースに行われました。本番の天候だけが気がかりです。この旅行がいつまでも続くことを願います。

« 民生委員児童委員合同研修に | トップページ | 庭にツツジの花が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに映画を:

« 民生委員児童委員合同研修に | トップページ | 庭にツツジの花が »