« 起工式に | トップページ | 児童福祉協会お疲れ様会に »

2017年2月22日 (水)

認知症理解を

2月22日(水):インフルエンザで保育所を休んだ下の孫の面倒を看て午前中過ごし、午後には妻にバトンタッチを。

 夕方には農業共済組合四万十支所において「認知症講座」を開催しました。この講座は地区のNOUSAI部長をしている自分が四万十支所長に対して、業務等に役立つ認知症講座の開催を要請していたところ、快諾をいただき職員のアプローチで開催することとなったものです。

Dsc04754 NOSAIでは夕方の90分を使って10名余の職員に対して、認知症キャラバンメイト・介護事業所職員そして社会福祉協議会職員が認知症理解についての講話、自立生活支援事業や成年後見制度の説明、そして寸劇での認知症対応等職員の方々に考えていただく内容となりました。

 寸劇では高齢者から「NOUSAI共済証書が届かない」の電話クレームに対して、訪問した職員が隣人に立会いを求めて探すシーンに自分が隣人として飛び入り参加。「共済証書が見当たらないので探して」との声に、「共済・キョーサイ」と言うので「恐妻家の自分が来た」とダジャレを発して参入し何とか収まることに。

Dsc04756 理解の場が少ない認知症講座ですが、職員などの熱心な取組に感謝です。粘り強い取り組みが求められます。

« 起工式に | トップページ | 児童福祉協会お疲れ様会に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症理解を:

« 起工式に | トップページ | 児童福祉協会お疲れ様会に »