« 巳の正月 | トップページ | 3年間の活動がスタート »

2016年12月 4日 (日)

こうちNPOフォーラム2016

12月3日(土):恒例となっているこうちNPOフォーラムに実行委員として参加しました。今回のテーマは『高知がつながる「ひと・もの・こと」大交流会』で、ボランティア活動や地域活性化に取り組む個人や団体、NPO法人など、地域で活動している方々に、活動分野や世代、立場の違いを越えて交流を深めることを目的としています。

20161203k1  活動のこと、人材のこと、資金のこと、組織運営のことなど、高知の「ひと・もの・こと」がつながって、高知の元気をより一層パワーアップさせようと。

 午前は「高知がつながる、ひと・もの・こと大交流会」が行われ、「高知工科大学ジャグリング部KUTJ」「地域まちづくりプロジェクトコンパス」「NPO法人ONEれいほく」「虹の里横畠」「こども支援ねっとみんなのひろっぱ」「幡多自然エネルギー研究会」など日頃聞きなれないNPOなど14団体がプレゼンテーションを行いました。

20161203k2  プレゼンの後は、発表者たちと語り合い・情報交換などが行われ、自分は「高知工科大学ジャグリング部KUTJ」「NPO法人こうち音の文化振興会」「虹色の里横畠」のコーナーに足を運び交流をしましたが、「虹色の里横畠」は自分が過去に取り組んだ「中土佐町大野見北地区振興会」や「矢井賀地区」とも交流があるとか。

 昼食交流会ではビュッフェのほか、「軍鶏ツケ(南国市)高知農業高校×ごめんシャモ研究会」、「土佐ジローポテトコロッケ他(安芸市)安芸市観光協会」、「ドイツ伝統菓子(高知市)高知大学教育学部附属支援学校菓子工房」、「東洋町こけら寿司(東洋町)野根キッチン×東洋町観光振興協会」、「手打ちそば(本山町)汗見川ふれあいの郷清流館」のNPO屋台村の展開が。

20161203k5  この中でこけらずし1段に米1升使ってできた押し寿司にはびっくり。味は素晴らしく美味しくいただきました。

 午後にはワールドカフェが古瀬正也氏(古瀬ワークデザイン事務所代表/NPO法人ぱぱとままになるまえの理事)を講師に、カフェのようなリラックスした雰囲気で、テーマについて少人数で話し合い、他のテーブルのメンバーをシャッフルしながら話を発展させていく話しあいの手法で展開がなされました。

 今回のNPOフォーラムは交流がメインテーマであったものの、幅広い参加者で目的が達成されたものと思われます。

 楽しみにしていた懇親会は欠席して帰宅し、今月1日に6歳の誕生日を迎えた二人目の孫の誕生祝いで町内の「峰の上食堂」での焼肉パーティに。

20161203k6  来年には小学1年生となります。素直ではつらつとした子供に育ってほしいものです。孫をさかなに気持ち良く酔いました。

20161203k7

« 巳の正月 | トップページ | 3年間の活動がスタート »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こうちNPOフォーラム2016:

« 巳の正月 | トップページ | 3年間の活動がスタート »