« 頭を悩ます採用試験 | トップページ | 用地は広い »

2016年9月14日 (水)

障害者グループホームが

9月13日(火):午後には四万十町で最初となる障害者グループホーム建設の起工式に出席しました。

 この障害者グループホームは、障害者自信や家族そして福祉関係者である私たちの念願であり、やっとこの度建設が叶いました。

 施設は地元の社会福祉法人明成会が四万十町東町町営住宅跡地に、行政補助金を活用して建設することとなっています。町の遅れていた障害者施策が一歩大きく進みました。

 20数年前の障害者通所授産施設開設、10数年前の精神障害者小規模作業所開設、重度障害者支援施設の開設に加えて、A型・B型作業所の増加に伴って障害者の生活スタイルのニーズが多様化した中でのグループホームの建設ですが明成会の英断に感謝です。

 起工式は現地で建設業者の進行のもと、神事が厳かに行われました。自分は社会福祉協議会役員として出席し、工事の安全と落成を願って玉ぐしを捧げました。

 「地域は家族、笑顔で暮らせる四万十町」を目標としたしまんと町社会福祉協議会の地域福祉活動計画の推進にも力強い取り組みでもあります。

« 頭を悩ます採用試験 | トップページ | 用地は広い »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害者グループホームが:

« 頭を悩ます採用試験 | トップページ | 用地は広い »