« 父の日、ボラ協総会に | トップページ | 孫の看病を »

2016年6月22日 (水)

青少年のスマホ・ネットの現状は

6月21日(火):晴れ間のある1日となりました。午前は少ない髪が伸びたので散髪屋に。この店は30年ぐらい利用させていただいています。何時もヘアスタイルはお任せです。

 午後は「平成28年度四万十町青少年育成町民会議総会」に役員(監事)として出席しました。

 講演に先立っての講演では、四万十町少年補導センター神野所長から「青少年のスマホ・ネット利用の現状と課題」と題して話がなされました。この話のベースは高知県内や四万十町内における小学高学年・中学生の状況で、高知県内ではスマホ・携帯電話等の所持率が小学5~6年生では43%、中学生は50~70%、高校生は90%程度で、四万十町では比率は低いものの所持者は多いようです。

 この中でスマホ・ネットやゲームから子どもを守る方法として、①理想的なネットデビューと段階的利用、②フィルタリング設定をすること、③家庭のルールを子どもと共につくる、ことに合わせて「日常の見守りと会話が大切」との話にはこれからその年代となる孫たちに配慮しなければと感じたところです。

 続く総会では監事として監査報告をしましたが、27年度事業報告・決算報告、28年事業計画。予算が原案通り承認されました、将来の四万十町を担う青少年のたくましく健やかな成長を望むものです。

« 父の日、ボラ協総会に | トップページ | 孫の看病を »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青少年のスマホ・ネットの現状は:

« 父の日、ボラ協総会に | トップページ | 孫の看病を »