« 会議で高知市に | トップページ | 検診に »

2016年3月18日 (金)

年度末の理事会時期に

3月17日(木):暖かくなり自宅の畑の岸に植えている桜が花をつけ始めました。

Dsc03460 午後は窪川児童福祉協会理事会に出席しました。この理事会は3月補正予算と新年度事業計画・当初予算が議案で、原案通り承認されましたが、新年度はスタート時から保育士不足が予想されます。

 国は待機児童の解消や保育士の処遇改善等を謳っていますが、当町も保育士不足による待機児童が発生する様相に。保育士不足の原因の一つは処遇の悪さがあります。保育所は特に臨時職員の構成比率が高く、その処遇が周辺の町などと比較して悪いことです。日額単価のアップやボーナス等一時金の支給、またクラス担任となった臨時職員の処遇改善等が望まれます。

 四万十町では「まち・ひと・しごと総合戦略」等で若者の移住や子育て支援をあげていますが、。現実とは乖離があります。行政当局への訴えが必要です。

« 会議で高知市に | トップページ | 検診に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年度末の理事会時期に:

« 会議で高知市に | トップページ | 検診に »