« 災害時の要支援者のあり方は | トップページ | 介護員初任者研修ほか »

2015年10月 4日 (日)

野村さんを偲ぶ会に

10月3日(土):秋晴れの1日になりました。

 午後からは高知市保健福祉センターで行われた「野村清司さんを語る社協びとの集い」に参加しました。野村さんは今年4月に癌で亡くなられましたが、一貫して自他ともに認める社協応援団長で、県下の社協職員からは先生と親しまれていました。

Dsc02883 自分はボランティア活動を通じて20年来の付き合いで、彼はこの10年ぐらいは町内の障害者支援施設に勤務され、「四万十町みらいネットワーク」で一緒に活動したり、行政の各種委員として努められたり、また県内のみならず多くの地に「福祉とは何か」を熱く語ってきました。

 集いには彼と親しかった社協職員約20人が参加し、社協職員でないのは自分のみでしたが、日ごろからの顔見知りも多く和やかな会になりました。

 それぞれが彼の思い出や受け継いでいくことを語り、「社協びととして志をつなぐ」ことを誓い合いました。

 懇親交流会は旅館土佐御苑前の「居酒屋仙樹」で行われましたが、この場所は野村さんが近くにある近森病院に勤務していた際によく利用したとか。

 

Dsc02884

Dsc02894

和やかな懇親会の中で、野村さんの遺志を引き続いて社協活動を目指すことを誓い、「野村会」を結成し若い職員にもこの思いを伝えようと決起しました。

 それぞれは2次会に足を運ぶ中、涙を呑んで高知駅に。下りの最終特急列車「あしずり12号・アンパンマン号」に揺られて帰宅しました。

 

 

« 災害時の要支援者のあり方は | トップページ | 介護員初任者研修ほか »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野村さんを偲ぶ会に:

« 災害時の要支援者のあり方は | トップページ | 介護員初任者研修ほか »