« 合同誕生会を | トップページ | 次の土・日は24時間テレビ »

2015年8月10日 (月)

エンディングノート

8月9日(日):相変わらず真夏日が続きます。

今年は農業共済の集落担当役員となり、週刊の農業共済新聞を購読していますが、8月1週号に「終活のススメ」の記事が掲載されました。

この記事は「理想的な人生の終わりを迎えるために」と題して書かれており、「もしも」のために今自分が出来ることとして、物への執着心から解放されて身軽になるために「エンディングノートを書いてみよう」と提案されています。

エンディングは終わりを意味するようですが、ノートに書くことは始まりで、今の自分が抱えているわだかまりや、心の執着が整理できます。

このことによって心や肩の力も抜けて身軽になり、それは新たな次のステージアップを図ることになる。それを、何度でも繰り返しながら誰もが100歳まで元気に生活するのが今風の生き方と書かれていますが、60歳を過ぎれば体や気力が衰え病気になる可能性が高まります。そうなる前に、今までの人生で、特に深く関わってきた家族に対しての思いを整理するのが自分整理であると。

長年連れそったきたパートナーに感謝の気持ちを、また子供たちにいかにしてほしいかを明確に書き残しておくのが終活であり、それを表現したのがエンディングノートなのです。

しまんと町社会福祉協議会では、特別会員としてご協力いただいた方々に「エンディングノート」をお配りしています。多くの方のご協力をよろしくお願いします。

« 合同誕生会を | トップページ | 次の土・日は24時間テレビ »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンディングノート:

« 合同誕生会を | トップページ | 次の土・日は24時間テレビ »