« 父の日はボラ協総会 | トップページ | 株主総会に »

2015年6月25日 (木)

災害VC連絡会に

6月24日(水):午前はしまんと町社会福祉協議会の今年度第3回理事会を開催しました。昨年度の決算における監査所見や新しい事業展開等についての協議を行いましたが、事業展開についてはまだまだ突き詰めた話し合いが必要です。

 午後には「平成27年度四万十町災害ボランティアセンター連絡会」を開催しました。これは2009年度の高知県ボランティア・NPOセンターの災害ボランティアセンター体制づくり推進事業がきっかけで、10数組織から構成されており、毎年開催ています。

 2010年度からは町内各地で災害ボランティアセンタータ立ち上げの研修や訓練、避難所運営訓練など、延べ15~6回の開催を行ってきました。参加者は延べ1000人超えると思われます。そんな取り組みが昨年の台風11号時の災害ボランティアセンター運営にも役立ったことは記憶に新しいところです。

Dsc02611  この日の連絡会の内容は昨年度の活動報告に加え、福祉避難所運営についての研修がなされました。

 高知県地域福祉政策課職員からは「福祉避難所の整備・運営」について県が発行している「福祉避難所運営マニュアル」をもとに説明がなされました。福祉避難所としては高齢者施設や障害者施設などの指定が一般的で、県内では33市町村で163施設が指定されており、四万十町では8施設が。そのうち大正老人福祉センターと十和の里がしまんと町社会福祉協議会が管理している施設です。

 高知県ボランティア・NPOセンター所長から「は福祉避難所とボランティア」と題し、2011年に発生した東日本大震災における宮城県東松島市の例をもとに話題提供がなされました。 

 四万十町では福祉避難所についての認識は薄いものの、社会福祉協議会としては指定されている施設運営を行っている中、今後研修等が必要と感じました。

« 父の日はボラ協総会 | トップページ | 株主総会に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害VC連絡会に:

« 父の日はボラ協総会 | トップページ | 株主総会に »