« 8日は社会ふくし大会 | トップページ | 予土線観光開き »

2015年3月 6日 (金)

生活支援サポーター研修を

3月5日(木):暖かい日差しの1日になりました。馬鈴薯を植える時期となったので管理機を持ち出して畑を耕運し、畝づくりをし汗を流しました。

 午後は大正健康管理センターでの「生活支援サポーター養成研修」に参加し、社会福祉協議会会長として挨拶をさせていただきました。

Dsc02391  この研修は7年前に国のモデル事業としてと取り組んだものを小学校区で展開しているもので、今回は大正田野々地区での開催です。研修の目的は少子高齢化や過疎化が進展している中、住民による支えあいやボランティア活動、生活支援サービスなど様々な支援が必要になっており、地域の良さや、現状、課題を見つめ、支えあい・助け合いの意識、地域課題に取り組む意識と、個人個人の経験や能力を活かして自らも生きがいの出来る活動を見つけることを目的としています。

 この日の研修は2部構成となっており、生活支援サポーターの役割を共有した後は、グループワークで「地域の現状を知る:こんな大正にしたい。こんな地域になれば!」をテーマに話し合いを。この中では「四万十町の日」を設定し町内で1日中楽しめる催しを行う、町内の資源を生かした取り組みを発展さすなど、多くの意見が出されました。

 後半は「介護予防について知ろう」をテーマに町の石川保健師を講師に百歳体操を参考にした介護予防体操を行いました。1時間足らずの体操でしたが、体が軽くなった気がしました。

 

Dsc02394_2この研修は12日(木)・19日(木)午後の3回講座となっており、多くの方々の参加をお待ちしています。

« 8日は社会ふくし大会 | トップページ | 予土線観光開き »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活支援サポーター研修を:

« 8日は社会ふくし大会 | トップページ | 予土線観光開き »