« 大正で新年会 | トップページ | 災害ボランティア研修を »

2015年1月18日 (日)

「夢・志」シンポに

1月16日(金):午後には窪川四万十会館で行われた窪川高校平成26年度「夢・志」シンポジウムに出かけました。このシンポジウムは2012年に創立70周年を迎えた窪川高校の記念事業として行われたのが最初で、今回は3回目となります。

 シンポジウムの前半は「夢・志」をテーマに町内の小中学校生や窪川・四万十・梼原高校生、そしてインターン大学生・社会人が発表しました。

Dsc02318 後半ではパネルディスカッションが行われ、「地域の活性化について」をテーマに四万十町教育長をコーディネーターに3名の高校生・インターン大学生・二人の社会人が意見交換を。この中で、誰もが「人とのつながり」の重要性に触れられました。

 パネリストの中には昨年社会福祉協議会の調査を行った高校生もおり、高齢者福祉課題を勉強するために美作大学に進学するとか。将来は社協職員の道を選択するのではと思ったことでした。

 この日に配布された資料の中には窪川高校進路状況があり、3年生の43名は進路が決定しているとのこと。大学には9名・短大には5名が進むこととなっており、この中で私たちの活動と関連するものとして高知大学地域協働学科・美作大学社会福祉学科・高知学園短大幼児教育学科などがあり、卒業後には地元に帰って活躍してほしいものです。

 夜には大正やまびこ作業所での新年会に招かれボランティアや社協職員とともに参加しました。この会にはさくら福祉事業会が運営するあさぎり作業所・やまびこ作業所・あったかふれあいセンターやまびこに関係するボランティアや職員の懇親の場でした。多くの方々との和やかな懇親で気持ちよく酔っての帰宅となりました。

« 大正で新年会 | トップページ | 災害ボランティア研修を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夢・志」シンポに:

« 大正で新年会 | トップページ | 災害ボランティア研修を »