« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

徳島県研修2日目

10月22日(水):前日に引き続いて徳島県に。この日は「くぼかわボランティア連絡協議会」の研修旅行で上勝町に。Dsc02068

 この町は四国で一番小さな町ながら特色ある町づくりを行っており、葉っぱ類を料理のつま物として取組んだ「彩(いろどり)事業」は全国に有名となっており、そのほかゴミを資源にする「ゼロ・ウエスト宣言」、過疎化が進む中での「インターンシップ事業」、過疎地の移動をサポートする「有償ボランティア輸送事業」、そして森林の有効活用の「バイオマス事業」などユニークな活動がされています。

 ゴミステーションには「2020年ゴミゼロ宣言」が掲げられていました。

 平成の自治体合併をせず特色ある町づくりを目指した上勝町の意気込みを感じた研修でした。

徳島県研修1日目

10月21日(火):四万十町窪川地区民生児童委員会研修旅行に同行しました。この研修は地区民協の皆さんが今年の研修テーマを「障害」としており、今年8月に行われた四国地域福祉実践セミナーの分科会で船頭(進行役)をされた施設長が勤める社会福祉法人三好やまなみ会「ワークサポートやまなみ」を訪ねたものです。Dsc02064


 施設長は10数年来の知り合いで、「ワークサポートやまなみ」は多くの障害者支援事業を行っており、B型作業所やグループホーム・支援事業所などを運営しており、多くの方が利用されています。

 約40名の民生児童委員が参加し、有意義な研修となりました。

 

地域力向上シンポジウムチラシ。

10月20日(月):11月4日(火)夜に開催する「めざせ!!地域力の向上」シンポジウムのチラシを作成し、各方面に配りました。住民主体の地域づくりをテーマとしたシンポジウムです。多くの方々の参加を期待しています。Dsc02060

2014年10月21日 (火)

きのこバイキング

10月19日(日):朝のうちは畑仕事をし、昼前から旧下津井小学校での「下津井きのこバイキング」出かけました。下津井は自宅から車で約1時間の場所にあります。

 この企画は4年前に社会福祉協議会が大正大奈路小学校区で行った生活支援サポーター養成講座がきっかけとなり、地域の方々が「下津井いきいきやる鹿な猪」のグループを作り取り組みを始めたもので、今ではすっかり定着しています。Dsc02053

 この日は予定外のお客さんで料理が不足気味とかで、好評のマツタケご飯は何回も炊いたとのことでした。

 箸袋を用意した「下津井いきいきやる鹿な猪」の意気込みを感じます。継続する活動を望みます。

 

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »