« 仁井田倶楽部総会に | トップページ | JA運営委員会に »

2013年5月22日 (水)

夜の下津井に

5月15日(水):5月8日の「NPOと行政との協働モデル事業最終報告会」で知った「第2回下津井いいとこづくし座談会」に参加のため、夕方から旧下津井小学校に向けて車を走らせました。

 自宅からは約1時間の道のりですが、国道439号の大奈路地区からは1台しか対向車に合わず、交通量の少なさを実感。

 会は協働モデル事業で立ち上げた「奥四万十元気プロジェクト」メンバーと住民・行政職員など21名が参加し、第1回の会で区長から出された「子や孫が帰ってきたいと思う下津井」を目指すための意見出しがされました。Dsc01597

 この中で出された意見の主なものは、「下津井ウオーキングトレイル」「下津井温泉活用」「子供の声が聞こえる下津井」「下津井応援団づくり」「地域行事の継続」「地区に四季折々の花を」「集落のルーツを探る」等などで、今後具体の取り組みに向けての話し合いが行われるはずです。また、夏場には座談会後に交流会をしようとの声もあり、参加するなら宿泊覚悟が必要と感じました。

 終了後には今回の協働モデル事業で整備された厨房設備を見せていただきましたが、これをどう活用して地域の活性化につなげるかが大事です。大奈路小学校区での生活支援サポーター養成研修をきっかけに始まった「下津井いきいきやる鹿な猪」が中心となった今後の活動に期待したいものです。6月2日には「下津井ほたるまつり」が行われますが、今年も参加したいと思っています。

 会場の教室の黒板には下津井で撮影された写真が貼りだされ、座談会の話題のきっかけにもなっていました。

 

« 仁井田倶楽部総会に | トップページ | JA運営委員会に »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の下津井に:

« 仁井田倶楽部総会に | トップページ | JA運営委員会に »