« 社協2月理事会を | トップページ | 1日がバラエティ »

2013年3月 4日 (月)

コンサルのいい加減さにうんざり

2月27日(水):前日は県社会福祉協議会職員と我が社協役職員との交流会を町内の居酒屋「笑美」で行い、すっかり気分よく帰宅を。

 この日の後には「四万十町地域福祉計画策定ワークショップ」に参加しました。このワークショップには策定委員に加え、子育て中の方や行政職員等が参加ししましたが、進行はこの事業を委託しているコンサルタントが行いましたが、自分達からしたらアリバイ作りのワークショップとしか思えません。Dsc01353

 こんな状態では3年前に策定した社会福祉協議会が策定した「四万十町地域福祉活動計画」をベースにして計画を策定するか、社協に策定を依頼してほしいと思いました。この計画策定に行政としてどのような思いやコストをかけているかが見えません。参加した行政職員がこの手法に批判したことが印象的でした。町役場の課内で意識共有出来ていないことも問題ですが、行政計画を熱意を持って策定しようとの思いが伝わらなかったのは私だけだったでしょうか。

 社会福祉センター前にある梅の花が満開です。

« 社協2月理事会を | トップページ | 1日がバラエティ »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサルのいい加減さにうんざり:

« 社協2月理事会を | トップページ | 1日がバラエティ »