« 町のお宝発見・・・・・・ | トップページ | 今年最後のらんらんランチ »

2012年12月17日 (月)

政治家が政治をダメに

12月16日(日):気温が高く過ごし良い日となりました。昼前からJA四万十農協会館で開催された「ときめきクリスマス2012」に100名余が参加を。この企画は障害の方とともに健常者・ボランティアらで交流を通してクリスマスを楽しむもので、20年ぐらいの取組みとなっています。Dsc01171

 いつものように、あさぎり作業所のハンドベルで始まったプログラムは、やまびこ作業所・由菜の里・オイコニア等障害者施設のご利用者やJA女性部・ファニーズ・窪川児童福祉協会保育士などが踊りや歌で場を盛り上げました。

 3時間の催しは和やかにかつスムースに進行され、今年仕事に就いた施設職員や社協職員が一生懸命取り組む姿は新鮮でもあり、今後への期待もされます。

 この日は衆議院選挙の投開票日で、開票開始から間もなく大勢が決まりました。3年3ヶ月の間、理想的なマニフェストを掲げながら実行できなかった民主党が敗北することは解散後から言われており、結果は驚きませんが二大政党を目指した小選挙区制のデメリットが出た結果でもありました。

 戦後60数年のうちほとんどを自民党が政権を運営し、3年間ほどの民主党政権でまだまだ結果として評価できる段階ではないけれど、この60数年間は政治が本当に国民に向いていたかと言うと疑問です。政治家の言葉の軽さと行動力の無さには幻滅です。政治家がいかに自分中心なのかが分かった数十年です。これからも自民党政治が始まるかと思うとうんざりします。しかしこれは国民の審判で受け入れることも大事かと。

« 町のお宝発見・・・・・・ | トップページ | 今年最後のらんらんランチ »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治家が政治をダメに:

« 町のお宝発見・・・・・・ | トップページ | 今年最後のらんらんランチ »