« 賑わう四万十川 | トップページ | 自治基本条例検討委員会が紛糾 »

2009年7月25日 (土)

高知サポセンが10周年

7月20日(月):午後から高知市文化プラザ「かるぽーと」で行なわれた高知市市民活動サポートセンター設立10周年記念式典に出席。このセンターは高知市が設置し、「NPO高知市民会議」が運営している公設民営のNPO中間支援センターの役割を果たしています。市民会議やサポートセンターとの付き合いは長く、案内を受けたもので、10周年記念誌にはコラムを投稿させていただくことに。

 式典は市民会議内田洋子理事長が、「今後も地域社会をよくするためにはNPOやサポートセンターの役割はより重要になる」と挨拶。

 続いて市民会議山崎水紀夫理事と吉岡章高知市副市長が対談。NPOと行政との協働推進などについて意見交換を。吉岡副市長は四万十町窪川出身で、大先輩のご子息で約50年ぶりの再会。

 続いては団塊バンド「サイコ」の演奏をバックに、NPO活動をしている人たちによる「トークライブ」が。即興で決めたテーマに軽妙な会話がマッチし、楽しい時間に。

 祝賀会は「かるぽーと」内のレストランで。県内外でNPO活動している方々との楽しい時間を過ごすことができ、2次会にも足を運ぶこととなり、帰途はJR下り最終の特急で23時帰宅に。

 

« 賑わう四万十川 | トップページ | 自治基本条例検討委員会が紛糾 »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知サポセンが10周年:

« 賑わう四万十川 | トップページ | 自治基本条例検討委員会が紛糾 »