« 「県域災害Vネット」がスタート | トップページ | 第7回四万十町自治基本条例検討委員会 »

2009年7月14日 (火)

トヨタ財団助成事業が具体的に

7月12日(日):気温が高く暑い日に。Dsc01070

 四万十市でのトヨタ財団2008年度地域社会プログラム「幡多学ことはじめ」の企画事務会議に出席。この事業は2009・2010年度の2年間にわたるもので、協働団体である幡多地域大学推進協議会の「幡多学講座」をスタートさすことに。

 第1回は8月22日「幡多の沿岸漁業を語る」、第2回は9月12日「四万十川下流域の漁業を語る」、第3回は11月7日「幡多の森と炭づくりを語る」、そして12月5日のシンポジウム「地元学の探求」で締めくくりに。詳細はホームページに。

 四万十市への往路はR56、復路はR441・381で。画像はいつもの岩間沈下橋。休日のためかR441には多くの県外ナンバーの車が。

« 「県域災害Vネット」がスタート | トップページ | 第7回四万十町自治基本条例検討委員会 »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ財団助成事業が具体的に:

« 「県域災害Vネット」がスタート | トップページ | 第7回四万十町自治基本条例検討委員会 »