« 2日間、JAの研修に | トップページ | 住民の意見を聞く会をスタート »

2009年7月26日 (日)

自治基本条例検討委員会は前に進むのか

7月24日(金):JA四万十運営委員会2日目の研修は道後にある四国88番札所でもある「石手寺」で前夜の行いを清め、研修地である内子町の道の駅「内子フレッシュパークからり」を視察。この道の駅は数年前に訪れた頃からはすっかり変わって、駐車場も広くなり、体験交流施設が整備されており、ゆっくり過ごせるようになっていました。

 「直販市」には平日にもかかわらずお客さんが多く、生産者が販売状況を見ながら商品の搬入が。今の時期のメイン商品は桃のようで、訪れた自分たちも含めて飛ぶような売れ行き。前日に立ち寄った「さいさいきて屋」より新鮮で安い価格の商品が多く、訪れるお客さんの多さも納得。宇和島で昼食をとり、国道381号経由で窪川に。

 この夜は前日に継続となった自治基本条例検討委員会が行なわれ、厳しい議論を。問題となっている「四万十町まちづくり町民参加条例」は「四万十町意見公募手続条例」と名称変更し、審議を求めることを議会に相談しているとのこと。副町長からこれまでの経過の説明と扱いについての陳謝が行なわれ、一先ず検討委員会は継続することになったものの、議会に提案している条例の内容は変わらず、少し火種が残った様子も。

 しかし、自分たち検討委員会の役割は住民協働のまちづくりを進めるために「自治基本条例」づくりに取り組んでおり、前向きの論議を行なわないと、総合振興計画への影響も懸念されると発言させていただき全体で意識共有を。検討委員会委員長の方向性が示され閉会に。27日より来月11日まで町内の11箇所で「自治基本条例についての住民の意見を聞く会」を開催することとなっているが、多くの参加者あればと期待するところです。

 「住民の意見を聞く会」は、27日:四万十町農村環境改善センター&昭和公民館、28日:窪川立西町民館、31日:十和開発センター、8月3日:松葉川基幹集落センター&大正大奈路公民館、4日:仁井田町民館、7日:東又基幹集落センター&大正公民館、10日:興津町民館、11日:大正北の川集会所を予定。

 

« 2日間、JAの研修に | トップページ | 住民の意見を聞く会をスタート »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自治基本条例検討委員会は前に進むのか:

« 2日間、JAの研修に | トップページ | 住民の意見を聞く会をスタート »