« 涼しいところを求めて | トップページ | 目からウロコ »

2008年7月24日 (木)

少しずつ実現に

月23日(水):夕方からは、四万十町社会福祉センターで行なわれた四国地域福祉セミナー第4分科会の事前打ち合わせにオブザーバー参加。この分科会は「海」分科会として『「地域の井戸端会議」-(集る・知る・創る・動く)×喜び-』がテーマとなっており、話題提供者は石川恵理氏(四万十市地域包括支援センター保健師)と、岡村恒政氏(中土佐町大野見北地区振興会会長)で、それぞれが日ごろの暮らしや取組みの中から自発的な活動展開に至る経過や、その効果などについて発表するもの。

船頭といわれる進行役には中土佐町社会福祉協議会田所課長、アドバイザーには地域づくりやNPO研究で指導をいただいている上田健作高知大学人文学部教授が。

大野見北振興会には設立前から関わっていて興味もあり、また四万十町には住民主導で運営の宅老所が多く楽しみな分科会となりそう。

夜は「四万十町の10年後をつくる会」の7月例会に。NPOと町行政との協働推進事業を進めるための研究会で、3分科会のうち「子どもの居場所づくり」事業を企画した分科会では夏休期間で試行に。Dsc00788_2 この23日から6回にわたって社会福祉センターを利用して行なうことに。また、来年度への本格実施に向けて県等への事業実施計画申請をも視野にしているとか。

残る第2分科会「交流・移住希望者の受け入れシステムの整備」、第1分科会「農産品の集出荷体制の整備」は企画段階までには少し時間が。

町や住民にとって有用性のある協働事業とするためには、まだ一汗も二汗もかかねば。私たちの第1分科会は軌道修正も視野に入れながら悩まねばと。

« 涼しいところを求めて | トップページ | 目からウロコ »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ実現に:

« 涼しいところを求めて | トップページ | 目からウロコ »