« やる気を尊重して | トップページ | えびすパワーに圧倒されました »

2008年7月 6日 (日)

県社会福祉協議会との意見交換会

7月4日(金)晴れ:夏神祭を翌日に控えて集落内にある神原神社の宮掃除を早朝に。四国地方が梅雨明けした模様。午前は8月の四国地域福祉セミナーの参加要請に役場へ。

午後からは須崎市で行なわれた「市町村社会福祉協議会会長等意見交換会(高幡ブロック)」に出席。この会は市町村社会福祉協議会役職員・県社会福祉協議会役職員そして県福祉保健所職員が出席し、意見交換するもの。

県社会福祉協議会から「市町村社会福祉協議会活動指針」説明に加えて、協議内容が説明され、意見交換を行ないました。

協議内容は、①災害時ボランティアセンター立ち上げ支援、②NPOと市町村社協との協働の進め方、③こうち若者サポートステーションについて、④障害者スポーツセンターについて、が県社会福祉協議会から説明された事項で、各社会福祉協議会からは社会福祉協議会サポート等について意見が。

各社会福祉協議会理事には私の元職場の先輩が多数いて、仕事を離れても地域の世話活動に取り組んでいることを嬉しく感じました。

会議終了後は懇親交流会。残ったのは県社会福祉協議会役職員と須崎市・しまんと町社会福祉協議会役職員がほとんど。アフターファイブの交流会も有意義で、先輩である須崎市理事などに連れられて二次会に。JRの列車で町に帰ったのちも三次会に。帰宅時には相当酔っていた模様です。

« やる気を尊重して | トップページ | えびすパワーに圧倒されました »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県社会福祉協議会との意見交換会:

« やる気を尊重して | トップページ | えびすパワーに圧倒されました »