« セミナーのセールスに | トップページ | 県社会福祉協議会との意見交換会 »

2008年7月 3日 (木)

やる気を尊重して

7月3日(木)曇り:最近朝の目覚めが早くなり、他人が言うには歳をとったせいだと。今朝は5時半の起床。

午後は今年になって関わっている中土佐町矢井賀地区地域づくりに会合に。1ヶ月前に女性グループが中心となり、地域の交流をかねて食事会を行なったことの振り返りを。この振り返りの会合には各集落の世話人7名が出席し、約60名が参加した食事会の反響が大きかったことや、参加して会の趣旨を理解できたことなど色々な声が。

何とかこの活動を地域活性化につなげようとの意気込みは伝わるものの、じっくり話し合いも必要。

女性グループの意気込みには圧倒されるものもあり、女性特有のアイデアも出され、実現に向けて地区総代や漁協組合長とも折衝することに。

6月下旬には町役場企画課が「やいが新聞」を発行。今月17日には地区にある「ライダーズイン中土佐」でモーニングサービスをいただきながら地域づくりの話し合いを計画。

ライダーズインを運営している世話人の方が持参された「やまももゼリー」はこの季節にマッチした味で格別。

ライダーズイン中土佐は、土曜・日曜日の8~11時はモーニングサービスを行なっているとか。この時期には海がめが産卵し、孵化しているとか。またこの地区の海には珊瑚が生殖しているとかで、近くに住む私たちの知らないことも多く、矢井賀地区への関心が高まります。

今日のブログから8月2・3日開催の「第6回四国地域福祉セミナーin高知・しまんと町」をPRしていきます。今回の共通テーマは「四国の地域力-山と川、空と海そこに生きる人とまち- ~四万十の流れのムコウに、これからの地域福祉を臨む~」としており、セミナーはこれからの地域福祉のあり方を研究協議するものです。

主催はセミナー実行委員会としまんと町社会福祉協議会で、日本地域福祉学会四国ブロック部会と高幡広域社協連絡協議会が共催し、行政機関などとともに高知県西部NPO支援ネットワークが後援。地域福祉推進に関わる関係者を参加対象としています。4年前に旧葉山村での開催から参加し、自分自身地域福祉に取り組む姿勢に変化があったことも事実です。

セミナー初日となる8月2日はシンポジウムでオープン。四国4県の住民・NPO・社会福祉協議会・行政関係者が「四国の地域力!新たな支えあいを求めて」をテーマに討論します。また続いて大橋謙策日本事業大学学長が「地域のおける新たな支え合いを求めて」をテーマに基調講演を。正に地域の生きる者にとっての指針が示されると確信します。

夕方からは夕食・交流会を。そしてその後は地域福祉とジャズ「出張ジャズバー・サテンドール」と多彩な企画が。多くの方の参加を期待している今日この頃です。お問い合わせは、しまんと町社会福祉協議会(電話0880-22―1195)にどうぞ。

« セミナーのセールスに | トップページ | 県社会福祉協議会との意見交換会 »

ボランティア・NPO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やる気を尊重して:

« セミナーのセールスに | トップページ | 県社会福祉協議会との意見交換会 »