« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

社協理事会に部会を

6月25日(月)曇り時々晴れ:梅雨らしい蒸し暑い日となりました。午後からしまんと町社会福祉協議会理事会が開催され、審議事項が片付いた後、「社協会員」及び「地域福祉活動計画」部会の最初の会が行われました。私は「地域福祉活動計画」部会となり、行きががり上部会進行役に決まりました。広い四万十町の地域福祉活動計画策定は相当の時間や労力がかかることが想定されますが、まずははじめの一歩が大切。今年度は旧町村で2~3箇所ずつの取り組みからスタートすることとしました。具体的には来月の第2回会合からが本番。住民との意見交換などを手始めに取り組まねば。

夜は障害者施設のボランティアスタッフや後援会役員・職員たちと食事を兼ねた意見交換会があり、話し合いの後二次会に行く羽目に。久しぶりに深夜の帰宅となりました。

2007年6月22日 (金)

6月が山場

6月22日(金)曇り一時雨:6月も下旬となりました。今日は夏至で普通に読めば夏に至る日。といっても若干蒸し暑いものの、まだまだ夏には遠い天候です。昨日から私たちNPO法人の高知県への報告書作成と法務局への届出書類の作成に頭を悩ませていました。やっと書類が出来つつあり、見返しをしている最中です。

国会では会期延長が決まり、参議院選挙が予定から1週間遅れとなる模様。数の力で何でもありの政府と自民・公明党にはうんざりします。年金改革法案・公務員改革法案も大切ですが、思いつきでなくもっと慎重に現状を改革する内容にしてほしいものです。いま一番取り組んでほしいのは特別公務員(国会議員等)の改革ですが彼らは全く感じていないところに失望です。思いつき政策やマスコミに誘導される政治姿勢に失望と言っても国民一人ひとりが自覚しなければ何も変わりません。参議院選挙では自民・公明政府に鉄槌を。Dsc00194

先月下旬に田植えを行ったマイ田圃の稲も大分大きくなりました。よく見ると田植えした稲の列が少し曲がっていますが、植えた私の性格を表しているのか?夕方は雨でした。

2007年6月19日 (火)

市民活動は政治に視点を

6月19日(火)雨時々曇り:梅雨らしい天候となりましたが四国地方は雨不足で、早明浦ダムは貯水量が少ないとのニュースが放映されています。Dsc00193

国会は会期末を控えてあわただしい様子を呈しており、年金・介護・教育・公務員制度・政治改革そしてイラク特措法など政府や自公政権はなりふり構わず横暴な政権運営に血眼になっています。

それぞれが市民にとっては重要な事柄ゆえ、慎重な国会運営が望まれるところですが、このままでは市民生活が破壊されることは明らかです。一ヵ月後には参議院選挙。いま市民活動が試されていると思います。弱者の立場で活動できる市民活動の姿をいち早く描かなければと思うのは私一人でしょうか。雨の中庭先に花を咲かせるアジサイに心が和む今日この頃です。

盛り上がりました

6月17日(日)曇り時々雨:毎年父の日は「くぼかわボランティア連絡協議会」の定期総会で、今年も予定通り開催されました。通称「ボラ協」は今年設立以来15年目となります。さくら福祉事業所あさぎり作業所のスタートを契機に生まれた「ボラ協」は設立以来12年間会長をさせていただき、県下でも珍しく自主運営を行うボランティア団体として認められるまでに成長しました。Dsc00188

総会には前田四万十町長、県議である田村あさぎり所長、宗崎しまんと町社会福祉協議会会長が来賓として祝辞をのべられ、高知県ボランティア・NPOセンターからはも来賓が。総会は議事が順調に進められ、新役員の選任が行われました。Dsc00190

総会行事の後は昨年私がワンモア勤労者ボランティア賞に推薦させていただき、見事に受賞されたくぼかわボランティア連絡協議会「Doネットワーク」牧野会長の活動報告と、先だって土佐町にある「とんからりんの家」視察研修の報告が研修として行われました。

その後は高齢の楽しい懇親交流会となり、飲食をしながら活動の意見交換や四万十町の街づくり等にDsc00192 ついて意見交換や、ワンモア勤労者ボランティア賞受賞の牧野さんのお祝いで大いに盛り上がった交流会となりました。延々4時間も尽きない話に楽しい時間が過ぎるのも忘れるほどに。このパワーがボラ協の特徴です。

やっと一区切り

6月16日(土)曇り時々晴れ:午後には黒潮町の大方あかつき館での高知県西部NPO支援ネットワーク第5回定期総会が開催されました。高知県ボランティア・NPOセンターから半田所長代理を向かえて行われ、今年の総会は役員改選もあり、話し合いの結果旧役員をベースに理事・感じが補強され新年殿スタートを切ることとなりました。Dsc00184

新年度は本来事業は縮小されますが、国や企業等の助成事業等にもチャレンジして活動の幅を広げることも確認しました。力量があり、個性を生かした各理事の取り組みに期待がされます。

会議終了後には黒潮町内の「ぽこぺん」で懇親交流会ののち、一部が窪川に移動して二次会へ。

2007年6月15日 (金)

紫陽花は雨に似合います

6月15日(金)小雨:梅雨らしい天候となりました。午前中は高齢の叔母に付き合って病院への見舞い・墓参りそして買い物をして中土佐町大野見の自宅に送り届け、久しぶりに大野見北地区に足を伸ばせて見ました。昨年春から関わり、今年4月に設立した住民自治組織「大野見北地区振興会」は事務所に看板が出されており、取組みがスタートしたことがDsc00177伺われました。

途中には睡蓮や紫陽花が咲き誇り、雨空に似合う風景がところどころに。Dsc00178 

今日は会議等が無く家でゆっくりでき、明日に行われるNPO法人総会の準備に時間をつぶしました。総会が終了しないと新年度事業にも何か手が付きません。睡蓮の花や今日の中土佐町大野見の風景はホームページの四万十川風景(2007.06)にアップしています。

2007年6月14日 (木)

審査って疲れます

6月14日(木)曇り時々雨:NPOと行政との協働推進事業審査委員を委嘱され、今期は委員長に選任されているなか、協働推進事業公開プレゼーテンションに出席しました。今回の公開プレゼンは高知城ホールで行われ、午後に6団体がプレゼンを行いました。今回プレゼンを行ったのは、①Dsc00171 特定非営利活動法人四国自然史科学研究センター、②高知緩和ケア研究会、③特定非営利活動法人いきいきみはら会。④特定非営利活動法人訪問理美容ネットワークゆうゆう、⑤むろと山水会(m・s・k)、⑥特定非営利活動法人室戸ドルフィンプロジェクトの⑥団体で、それぞれが熱い思いや事業に取り組む目的を語られました。

①~③の提案事業は一般枠、④~⑥のNPOは今年初めて企画した中山間事業枠で県東部での協働事業が対象となるものです。採択は中山間枠で1件を補助事業に、そして中山間枠でもれた事業を一般枠とともに審査したのち、補助事業2件・委託事業1件を今年度の協働推進事業として決定しました。詳細については高知県男女共同参画・NPO課のホームページを見て下さい。結果については数日中にアップされるはずです。NPOの活動や県事業等に関わる事業審査でもあり、委員長として非常に緊張しました。ただ、7名の委員全員の合意で審査結果がまとめられてことが大きな成果です。今後においても、また市町村においても協働事業が前進されることを願わずにはいられません。審査会の疲れと晩酌がうまく協働してほろ酔いかげんとなりました。外は梅雨らしく雨が降ったり止んだりです。

2007年6月13日 (水)

やっと梅雨に

6月13日(水)曇りのち雨:午後から高知市での「「第7回(2007年度第1回)こうちボランティア・NPO支援基金運営委員会」に出席しました。この会は市民や企業からの寄附金をNPO活動につなげるために運営するもので、2005年3月にスタートし最初から委員として関わっています。NPOのための支援金交付のため昨年度の募集テーマは「市民参参画」で、30万円ずつ3団体が獲得しました。Dsc00168_1

第2期(07~09年度)の委員は6名で、運営委員会副委員長に選任され2年間の役割をいただきました。今年度の募集テーマやスケジュールの検討などを行い、具体的には次回委員会で決定することとなりましたが、応募団体の選考ののち、12月に開催される「こうちNPOフォーラム2007」で支援金交付・受賞団体の発表会を行うことを確認しました。

夕方からは雨となり、夜のニュースでは高知県地方は梅雨に入った模様で、平年より9日遅れとのことでした。週間天気予報では曇りと雨マークのみで晴れマークは皆無。全国的な雨不足が解消されるでしょうか。

2007年6月12日 (火)

三本立ては疲れます

6月11日(月)晴れ:暦の上では今日が入梅ですが全くその気配は皆無です。午前中は恒例となっている障害者の移動介助のボランティアに。Dsc00168

午後からは高知市で三つの会議が連続。まず午後1時からは「高知の移動サービスを考える会総会」で、県立ふくし交流プラザで開催され、18年度の経過報告や19年度の事業計画等について話し合いました。この中で、移動の課題は市町村に移りつつあり、今後各地域に地域交通についての検討会などを設置し取り組みことの必要性を確認しました。

会議の二つ目は高知市市民活動サポートセンターで「こうちNPOフォーラム2007」の主催者会議が行われました。今年のNPOフォーラムは12月1・2日に予定されており、第1回実行委員会は前回の委員長が出席できる7月13日(金)と決まりました。

三つ目の「第1回災害ボランティアセンター等体制づくり検討委員会」会議では、東南海大地震を想定したDsc00169 なかでの体制づくりの構築について真剣に討論しました。災害ボランティアネットワーク会議や体制づくり検討委員会などを積みかせねながら効果的な組織や取組みの確立に取り組みことを確認しました。

さすがに述べ8時間にわたり連続会議には疲れました。帰宅は22時過ぎで晩酌で二日酔いになりそう。

あぐり窪川の菖蒲が見ごろ

6月10日(日)晴れ:時の記念日。一週間先には所属しているNPO法人の総会のため午後から黒潮町の事務所に出かけて書類等の確認作業。Dsc00164 途中で見た黒潮町浮鞭の海岸は砂浜・海・空が美しい。Dsc00166

帰途に立ち寄った四万十町「道の駅・あぐり窪川」の菖蒲園は花が7~8分咲きでここ一週間が見どころの様子。地域のボランティアが育てた花は一見の価値があります。

2007年6月 9日 (土)

やはり広い四万十町

6月8日(金)曇り時々晴れ:午前中に畑の馬鈴薯を少し収穫しましたが、虫の影響か傷になっているものも多く出来は今ひとつ。ひと畝掘っただけなのにサツマに一杯となりました。

午後には四万十町十和開発センターでの四万十町公営住宅入居者選考委員会に出席し、公募していた町営住宅の入居者を選考ののち、十和地区にある26団地の町営住宅をを視察しましたが、過疎・少子高齢などの理由か空き住宅もあり、将来における維持管理の課題も垣間見ました。Dsc00159 Dsc00163

途中で立ち寄った7月1日開業予定の「道の駅四万十とおわ」では、工事が最終段階となっており、木をふんだんに使った建物から見る四万十川は絶景。しかしながらこの規模の道の駅が必要だったかどうか・・・。

十和地区の町営住宅は各集落の点在しており、水道も完備されていないものもや寂しい場所にも立てられており驚きを覚えました。現地視察終了後夕方からは選考委員などで交流会を行い、住宅等の情報交換と懇親に時間を費やしました。Dsc00160

2007年6月 7日 (木)

今日はNPOで

6月7日(木)晴れ:午前中はNPO法人の総会関係書類作りの印刷に時間を費やし、午後には「平成19年度高知県NPOと行政との協働推進事業事前審査会」に出席しました。この協働推進事業は16年度から行われているもので、当初から審査員に関わっており、今期は審査委員長の役を頂いています。今年度の事業にはNPO側から6事業について提案がされており、このうち3件は中山間地域枠の事業となっており、本年度は県東部地域での事業実施となります。Dsc00152

事前審査会には6名(定数は7名)の委員が出席し、県男女共同参画・NPO課職員から内容説明などを受け、事前に資料提供いただいた提案事業等について審査を行い、今回は応募団体すべてについて本審査に臨んでいただくことになりました。本審査が行われるプレゼンテーションは今月14日です。

夜間には地元の四万十農協総会に向けての地区説明会に出席しました。この説明会は、18年度事業等の報告と19年度事業等の説明に加え、事業環境が厳しい中、19年度末をもって行う支所廃止の説明も兼ねていました。少子高齢が進行する農村地帯においての農協の存在価値が問われる説明会でもありました。

写真は一昨日訪れた岡山県のRSKバラ園です。

2007年6月 6日 (水)

晴天の下家の中で

6月6日(水)晴れ:午前中は田圃の岸に生えている雑草の草刈をしたり、昨日のドライブの帰途、R194いの町にある道の駅633美の里で購入したかぼちゃの苗を畑に植えたりで一汗かきました。Dsc00141

午後は明日に予定されている「高知県NPOと行政との協働推進事業事前審査会」のための、NPOからの提案事業書類や県課室の意見書等を読んで時間がつぶれました。今期の審査委員長は私が務めることとなり、責任の重さを再確認したところです。晴天の下、外にも出ずに書類とにらめっこ。晴天時に家の中で過ごすことはほとんど無く、何か調子が狂います。

そんなことで、夜はナイターテニスに久しぶり参加し、大いに汗を流しました。画像は昨日訪れたRSKバラ園のバラの花で、もう一つは家の前の道路Dsc00156 脇に咲く雑草(名前は不知)です。

バラが満開

6月5日(火)晴れ時々曇りDsc00140_1 田植えなど春の農作業が一段落したので休養を兼ねて高齢者の外出支援(?)でRSKバラ園(岡山県)などに出かけました。Dsc00150 高速道を使って四万十町から約3時間の道のりで至って快調なドライブ。3万平方メートルの花壇には300品種、15000株のバラが植えられているといい、今は一番の見ごろのようで、風が運んでくるバラの甘い香がなんとも心地良い気持ちにさせてくれます。

ハナショウブ園にも花が咲きDsc00138始め、目を和ませてくれます。バラは今がピークで、ショウブはこれからが見ごろの模様です。ここしばらくは天候の崩れが無いようですのでドライブがてら足を運んでは。 Dsc00142

帰途は山陽道福山西ICからしまなみ街道に入り、今治市吉海町ばら公園に立ち寄って寒風山トンネルと経由して帰宅。のんびりドライブでした。

2007年6月 4日 (月)

6月ボラ協世話人会

6月4日(月)晴れ時々曇り:昨日とはうって変わって良い天候となりました。身体障害者療護施設デイサービス利用者の方の迎えボランティアののち、先日田植えした田んぼに除草剤の散布。Dsc00135 自宅周辺の田圃の田植えはほぼ終了。9月中旬から10月上旬には収穫時期を迎える予定です。

夜には、くぼかわボランティア連絡協議会6月世話人会にしゅっせき。いつもの情報交換のあと、今月17日に予定されているボランティア連絡協議会総会の話し合いが集中して行われました。総会は当日午後開催で、総会行事に加えて研修会・懇親交流会もセットされており、和やかな総会になればと願います。

冷たい雨に

6月3日(日)雨:町内一斉清掃日で、わが集落内の県道・町道などの清掃を雨の中行いました。26世帯の集落ですが、隅から隅まで歩けば結構な距離があり、前日に歩道脇の雑草を刈っていて正解でした。ゴミ集積所で拾ったものなどを分別して午前中の1時間弱で終了。Dsc00134

一日中冷たい雨が降り続きました。

2007年6月 3日 (日)

入梅が近いのか

6月2日(土)曇り一時雨:天気予報では日曜日は雨でその後もすぐれない天候とのこと。午後にはこれ幸いで芋畑のと畝上げをし、買ってきた芋のツルをさして収穫を楽しみに。

夕方からは親しい友人とともに町内で行われた「趙景明&松居孝行:四万十二胡弓の夕べ」に。会場の四万十市上宮「おおひら」には50~60人の客が集まり、食事と飲み物を戴いたあと演奏会となりました。二胡は中国の伝統的な楽器ですが、優雅でゆったりした音色にうっとりします。Dsc00131

趙景明(ちょうけいみん)しは中国遼寧省出身で中国民族楽団長などを歴任したあと高知に永住し演奏活動を展開中で、松居孝行氏は高知市出身で中国伝統音楽をはじめ多彩なジャンルで演奏活動を展開中です。

「浜千鳥」で始まった演奏会は「ロメオとジュリエット」「昴」「花」などポピュラーな曲のほか、中国の曲等20曲近くを合奏とソロで聞かせてくれました。夜には小雨となり、初夏の夜にぴったりの演奏会で、曲を聴きながら戴いた栗焼酎「ダバダ火振り」の湯割が気持ちよく体に残った夜でもありました。Dsc00132

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »